バトル好きが書くドラクエ10攻略!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略ブログです!ダークキングを筆頭にバトルコンテンツ攻略に役立つ情報がたくさんあります。サポ攻略記事も多めです!他に動画もアップしています。ケンチャンゲーム動画チャンネル、で検索してみてください!!

タグ:僧侶

スポンサーリンク


20180429-1141_431851152

※筆者はキラパン構成ではまだレギルラッゾⅢ達をクリアしていないので、今回の記事は肉4pt向けではあります。ただキラパン構成にも活用できると思います。


今回は、レギルラッゾⅢ達において一番厄介な敵の特技であるシャドウウィスパーについてです。この前未討伐のフレさんの手伝いで占い2天地僧侶構成の僧侶で参加したのですが、かなりシャドウウィスパー避けが上手くいったこともあり、なんと初戦で討伐できてしまいました!他2人も討伐者ということもあり、皆さん上手かったでした!ミネアのアイコンありますが、死神審判ではなく、悪魔などでしたw

その中でなんとなくシャドウウィスパーの避け方が見えてきたので、その点について今回は書いていきたいと思います。動画もありますので、参考になればと思います。


◆シャドウウィスパーについて

1、効果
約400程度のダメージを与え、いてつくはどう効果+ヘナトス2段階+ルカニ2段階+鈍足効果+全属性耐性低下が追加されます。これはかなり厳しい効果で食らうと非常にきついです。特に僧侶は天使の守りの効果も消されてしまうため、何度も食らうと壊滅しやすくなってしまいます。

2、当たる範囲について
ローガストが向いた方向、やや広い前方直線状となっています。真後ろや、ある程度左右にずれていれば避けることが可能です。効果判定がかなり早いようで吹き出しが出た時点で、直線状にいた場合、おそらく避けられません。

3、テンションは、ダメージに影響します
レギルラッゾⅢ達においてはドラゴンビートがあるため、敵のテンションが大体常に上がっています。シャドウウィスパーにもテンションがのるため、テンション上がった状態で食らってしまうと、ロザリオが発動しない限り、死んでしまいます。僧侶においては天使がはがされた上に、死んでしまうので、かなりのピンチとなります。そのためシャドウウィスパー避けることは、非常に重要となってきます。

それでは次の項目で、動画を紹介します!


◆シャドウウィスパー1回のみ当たったレギルラッゾⅢ達の動画(僧侶視点)




・占い2天地僧侶構成、僧侶視点動画です。
・ミネアタロットアイコンありますが、見ての通り審判、死神カード効果ではありません。
・占い師の一人のみ未討伐で、初戦で討伐できています。
・僧侶はひきよせのすずを装備してます。
・僧侶はシャドウウィスパーに1回しか当たっていません!また黄色までは天使がはがれて死亡しているケースは0です。
・僧侶が天使がはがれて死亡したケースはトータルで2回だけです。ただ、他に天使がかかっているのに天使をしたりと、細かいミスはありました・・・。これは反省点です。



◆シャドウウィスパーの避け方のコツ

1、シャドウウィスパーを使ってくるケース、使わないケースを覚えましょう!
まず基本的なことにはなりますが、シャドウウィスパーを使ってくるケース、使わないケースを覚えておきましょう。使ってくるケース、使わないケースは以下の通りとなります。(現時点でわかっている場合で、他にあるかもしれません)

<シャドウウィスパーを使うケース>
・全hp帯を通して使ってくる
・その場に立ち止まったら使う場合あり
・壁をして引っ張った場合のターンエンドに使ってくる

<シャドウウィスパーを使わないケース>
・タゲに向かって移動している場合

※体感的にではありますが、シャドウウィスパーを2回連続で使うケースはほぼない感じです。

これらより、基本的に立ち止まっていたらシャドウウィスパーがくる場合あることを常に念頭に置いておくことが重要となってきます。またタゲに向かって動いている場合は、シャドウウィスパーは来ないです。(ターンエンド時を除く)動きのパターンもあるようですが筆者は特に覚えていません。基本ではありますが立ち止まったら、シャドウウィスパーが来るだろうと警戒するように、まずはしています。


2、実際のシャドウウィスパーを避けるコツについて
・シャドウウィスパーを使う際は、ローガストがなにかピクピクっと動きます!立ち止まって、かつそういった兆候があったら、ローガストが向いている方向から左右に動いておきます。そうすると避けることができます!

何度か僧侶でやっているうちに、シャドウウィスパーを使う際になにかローガストがピクピクっと動くな~って気づきました。ほんのわずかな動きなんですが、注意してみるとわかると思います。動画でぜひ確認してみてください。その場合にローガストが向いている方向から動いていれば、シャドウウィスパーを避けることができます。シャドウウィスパーは立ち止まって、そのまま全く動かずには使わないように思いました。(試行回数がそこまで多くないため、ピクピクっと動かないケースがあったら、追記するようにします)


・ローガストの近くで味方が死んで、ザオラルをする場合に、ローガストが立ち止まっていたら様子をみるようにしましょう!

これも気持ちはすごくわかります。筆者もすぐにザオラルしないといけないと思って、即座にザオラルにいく⇒シャドウウィスパーを食らって死ぬ、これをよくやっていました。そうすると非常に苦しい状況となってしまいます。ザオラルに行く場合かつローガストが近くにいて立ち止まっている場合、ぜひとも一呼吸おきましょう!そうすることでシャドウウィスパーをはじめとした範囲攻撃を避けることができ、ザオラルも安全にできるようになります。


・カメラ視点を動かして、ローガストを常に画面に入れておきましょう!(もちろんレギルラッゾも)

かなり動き回る敵のため視点位置を細かく調整しないと、すぐに見失ってしまいます。一番怖いシャドウウィスパー被弾を避けるためにも、ローガストだけでも確実に画面に入れておきましょう。レギルラッゾのブーメランなどももちろん怖いので、2体とも画面に入れておくことがやはり大切です。


◆シャドウウィスパーが当たらなくなることによる利点

※天使がはがれて死亡するケースが非常に少なくなり、全体的な安定度が格段に増します!また特に黄色以降に囮として範囲誘発が、かなりできるようになり火力アップにも非常に貢献できます!

シャドウウィスパーを避けられる僧侶になることで、非常にpt全体の安定度が増します。天使剥がれ死亡がないということは、僧侶が常に行動できていることにもつながります。またひきよせのすず装備の場合は、囮の役割も果たせます。黄色以降は特に範囲行動誘発がカギとなるので、シャドウウィスパー被弾がないことで、火力アップに非常に貢献できます。シャドウウィスパーを当たらなくなることだけをとっても非常にメリットがありますので、ぜひとも練習して避けられるようにしてみると、かなり違ってくるかと思います。当たりまくっても、もちろんpt全体として上手く動けていれば勝利は可能かと思いますが、他の人のカバーする動きがより重要となってくるかと思います。


◆まとめ

今回は一番厄介なシャドウウィスパーを避けることについて焦点をあてて書いてみました。コツといっても感覚的なものにもなっていますが、動画を見てぜひ確認して頂ければと思います。立ち止まってノーモーションでシャドウウィスパーを使うわけではなさそうでしたので、避けられるようにしてくれていたと思われます。肉4僧侶1ptの僧侶は、非常にやることが多くて大変ですが、その分やりがいがあって、筆者は楽しいと思います!ぜひ参考になれば幸いです。

・僧侶の動き方については、下記のリンク先記事も合わせてご参照ください!
[ドラクエ10]レギルラッゾⅢ達における僧侶の動き方について(肉4ptを想定)






ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スポンサーリンク

 


20180429-1140_431851131

※今回の記事は、肉4pt(キメラ、キラパンなし)を想定している記事となっています。また筆者自身の動き方を基にしていますので、これが正解、とは全く思っておりません。僧侶やる方の参考になればと思います。

昨日で、天地2占い僧侶構成、占い2天地僧侶構成(どちらもミネアなし)の2つの構成でクリアすることができました。どちらも僧侶で参加していますので、その中で自分なりに気を付けていたポイントについて今回は書いていきたいと思います。

まず今回僧侶をやる方は、ぜひ以下のことを認識しておいてください!!

※レギルラッゾⅢ達における僧侶は、今までのようにタゲ下がりして後ろに逃げる僧侶ではありません!!敵の近くにいて、範囲行動を誘発しつつ、攻撃を避けて、さらに臨機応変に蘇生、聖女、回復を使い分ける必要のある、難しい立ち回りが求められます!!

レギルラッゾⅢ達に挑戦する際、そういった臨機応変な行動が苦手な方は、僧侶はやらない方が良いかと思います。例えば、行動のキャンセルができない、決まった行動しかできない、動きながら行動選択ができない、状況を見て判断できない、などができない場合です。誇張でもなんでもなく、今回の僧侶は難しいです。ただその分、すごくやりがいのある職業にもなっています!

◆僧侶の装備、宝珠について

1、スティックについて
筆者はバージニアステッキでやっていましたが、リトルフェザーなどでもそこまで問題ないかと思います。錬金は呪文発動速度一択です。

2、防具について
僧侶だけで考えるならば、神託セットがベストです。瀕死時みかわし効果がかなり強いためです。ただ天地や占い師との使いまわしで考えるならば、クルーガーでも良いかと思います。

3、耐性について
筆者はそこまでゴールドもないので、闇100はないです。というか闇100がなくても十分に勝てます。もちろん資金がある方は揃えてよいかと思います。ブレス80、呪い混乱おびえ100がベストになるかと思います。ただブレス80と呪い100は呪いベルトがないと高額な資金が必要となります。資金的に厳しい場合は、ブレス80に近づけるだけ近づけるように頑張りましょう。80あるとヒーリングオーラだけでブレス無効となるため、やはり強いです。

4、宝珠について
今回は僧侶用の宝珠で必須なものがいくつかあります。それらがないと僧侶をやってはダメなレベルとなります。必須宝珠は以下の通りです。

・天使の守りの瞬き
・ザオラルの戦域
・ザオラルの瞬き


これら3つだけは本当にあるとないとでは違くなりますので、ぜひとも取りに行きましょう!他にベホマラーの奇跡と瞬き宝珠、復讐シリーズの聖なる祈り・聖女の守り・テンション・スカラ、共鳴のテンションなども有効です。参考までに以下に筆者が装備していた宝珠と装備を記載しておきます。


◎筆者の装備と宝珠
・バージニアステッキに神託セット装備一式
・耐性:ブレス84%、呪い混乱おびえ100
・足錬金はみかわし。
・ベルトは呪い10%ベルトで宝珠と破呪のリングで呪いも100にしてます。
・その他装備は、ひきよせのすず
・僧侶の料理はクイックケーキにしました。ネットでの情報が頼りになりました。体感的にアクロバーガーよりいい気がしました。
◎宝珠について
・炎の宝珠:ブレス5(飾り石)、不屈の闘志4(飾り石)、先見の眼5(飾り石)、はどうガード3、会心練磨2、いつくしむ心2、呪いガード4(飾り石)、闇耐性4(飾り石)、氷耐性4、鋼鉄の肉体2、韋駄天の足4、神業の手2

・水の宝珠:忍耐のmp回復5(飾り石)、逆境の身かわしアップ5(飾り石)、不滅のテンション3(飾り石)、ベホマラーの奇跡5(飾り石)、ザオラルの戦域5(飾り石)、ザオの戦域1、ヘナトスの盾2、復活のhp回復量アップ3、不滅の回復呪文強化3、始まりの移動速度アップ3、始まりのチャージタイム短縮1

・風の宝珠:復讐の聖女の守り4(飾り石)、打たれ名人5(飾り石)、復讐の早詠みの杖4(飾り石)、ザオラルの瞬き5(飾り石)、ベホマラーの瞬き4(飾り石)、復讐の聖なる祈り4、共鳴のテンションアップ4、復讐のテンションアップ4、復讐のバイシオン3、復讐のスカラ3、果てなき回復呪文威力アップ3、勝どきmp回復2

・光の宝珠:聖者の詩の閃き5、ホーリーライトの極意5、天使の守りの瞬き5(以上すべて飾り石あり)やいばのぼうぎょ5。他の宝珠は関係ないため省略。

・闇の宝珠:ホップスティックの戦域5で飾り石もあり。棍宝珠もあらかたはめており、いざというときは攻撃する予定でしたが、ずっとスティック持っていました。



◆レギルラッゾⅢ達における僧侶の動き方のポイント

◎僧侶の今回における役割は後方から回復蘇生、ではありません!ひきよせのすずをつけて、敵を引き付けて囮になり、かつ敵の近くにいて範囲行動を誘発する役割となります。もちろんその上で本来の回復、蘇生も適宜行う、非常に難しい役割となっています!!

1、天使の守りが最優先!
今回の僧侶の役目は、端的に言えば囮!ということになります。唯一死んでも生き返れる特技である天使の守りを最大限活用するようにします。それによって天使で起き上がった無敵時間中に敵の行動を受けて、敵のターンを消費させることが重要となってきます。

2、天使の守りで起き上がった時、自分タゲがわかったらわざと近づいて無敵時間中に攻撃を受ける!
天使の守りで復活した時に、自分タゲで逃げてしまうと天使の守りが間に合わずに攻撃を受けて死んでしまう可能性が高まってしまいます。自分がタゲと分かった場合は、無敵時間中に攻撃を受けることが有効です。

2、まずは自分が生き残ることを考える!
女神の祝福は、筆者は基本自分にしていました。温泉に入っておくことでhp2でも発動するので非常に効果的です。僧侶が生き残っている=囮の役目ができる、ということになります。同じく聖女の守りもまずは自身に使っていました。

3、蘇生は素早く行う!
基本的に味方が死んだら、すぐに蘇生行動に移ります。タゲがわかっている場合は、あらかじめザオラル待機をしておくとよいです。蘇生が遅れると数的優位が崩れてしまい、どんどん壊滅状態に陥ってきます。ちなみにザオは使ってはダメです。詠唱速度も変わらないので、使う必要はありません。

※5/21追記 ザオの戦域宝珠を装備してザオを使うのならば、かなり遠くから蘇生できるため使う選択肢はありかと思います。ただやはり聖女ラインに届くため、基本的にはザオラルで良いと思います。

4、ザオラルは他の人とカカロンと被らないように気を付ける!
ザオラルが他の人とかぶってしまうことが多いようでは非常に苦しいです。かぶってしまったらすぐにキャンセルできるようにしておきましょう。こればっかりは慣れも必要ですので、日頃から行動キャンセルと他の人の動きも見ることを意識しておくとよいです。

5、シャドウウィスパーに極力当たらないように気を付ける!
僧侶にとって最大の敵は獣のシャドウウィスパーです。いてつくはどう効果もついているため、天使をはがされてそのまま死んでしまうことも多いです。これを避けられるように練習しましょう。避けるコツとしては、シャドウウィスパーは使う際は、立ち止まった上で一番近くの人に向かってやるようです。そのため止まったら来ることを予測して、獣が向いた方向から左右にすぐに避けるようにします。この際何か行動していた場合は間に合いません。そのため後だしジャンケンの要領が必要となってきます。もちろん蘇生を優先しなければならない場面もあるので、その時の状況によっては食らっても仕方ない場面はあります。ただ避けれる場面で避けられないようだと、非常に苦しくなってきます。

6、せかいじゅのしずくは使う必要ありません!
今回前の記事の動画を見てもわかる通り、せかいじゅのしずくは一回も使っていません。発動が遅いですし、基本的にワンパンなため使う必要が皆無に等しいです。それよりも聖女やザオラル待機をしていた方がよいです。

※後ろに逃げまくったり、遠くまで逃げる僧侶だと敵がばらけてしまい、攻撃が2体に当たらなくなります。そうすると時間切れの恐れが強まることになります。僧侶をやる方はいつものように遠くまで逃げたりしてはいけません!一時的にタゲ下がりしたとしても、2体が固まるように敵の近くにまたいきましょう!


◆hp黄色以降の敵の近くにいて範囲行動誘発する戦法について

まずは以下の動画における黄色以降の僧侶の動きを確認してみてください。



黄色突入は残り9分21秒時(10分40秒費やしている)。そこから討伐時は残り1分25秒。つまり黄色突入から8分くらいで討伐しています。黄色以降は上手くいけばより削りやすくなります!

黄色以降を見てわかる通り、僧侶の筆者は基本敵の近く(ローガスト)にいて範囲行動を誘発しています。もちろんすべてが上手くいっているレベルではありませんが、動画のように黄色以降は敵の近くにいて各種範囲行動を誘発することが非常に有効となります。それにより、僧侶が範囲行動を避けて、その間に他のメンバーがガンガン攻撃することができます。範囲行動誘発をしないと、どんどん他のメンバーが攻撃を受けてしまい、なかなか攻撃することができなくなってきます。

黄色以降は僧侶は、敵の近くに張り付いて敵の行動を誘発するように心がけましょう!もちろん蘇生も適宜行います。その際、ぜひシャドウウィスパーを避けられるように練習しましょう。シャドウウィスパーはけっこうローガストの動きが止まるので、避けられれば非常に有効となります。



◆まとめ

今回は肉4ptにおける僧侶の動き方について書いてみました。僧侶の動きは文章にすると実は非常に難しいです。各局面で状況判断が求められるため、細かく書こうと思うと難しくなるためです。特に今回のレギルラッゾⅢ達は、本当に僧侶は忙しいです。その分、やりがいはあるかと思うので肉4で僧侶をされる方の参考になれば幸いです!

・シャドウウィスパーを避けるコツについて別記事で書いています。下記のリンク先記事をご参照ください!
[ドラクエ10]レギルラッゾⅢ達 シャドウウィスパーの避け方のコツ(僧侶視点動画もあります!)






ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


20170220-2110_368553438


今回は、僧侶と道具についての記事です。占い師も後衛になると思うので、占い師にも当てはまるかと思いますが、筆者自身が占い師でやってないので、占い師については参考までに。まず結論から述べます。

※上手い僧侶と道具(ほとんど死なない)は、ダークキングとの距離感が適切である!!

上手い後衛か、下手な後衛かどうかの分かれ目の判断の一つは、距離感があるかと思います。もちろん回復が遅いなどもありますが、今回は距離感に焦点を当てて、書いていこうと思います。下記のリンクも参考にしてみてください。今回は、真やいば中は後衛タゲでも下がらない戦法を想定しています。(基本的には後衛はタゲ下がりでもよいです。後衛タゲ下がりしない戦法は、やや難易度が高くなります)

1、


2、


3、ダークキング4において、常時タゲ下がりで反転してしまわないための対策


4、ドラクエ10 ダークキング動画リスト


◆距離感が大切な理由


まずよく死んでしまう僧侶と道具の行動の例を示す。

・真やいばも切れているのに、下がらずに前にいたまま、コマンド入力をしてそのまま攻撃を食らう。

・黄色以降、前にいすぎてシャウトを食らいまくる


慣れていない道具と僧侶は、こういった行動をする人が本当に多い。それでは、すぐに攻撃を食らったり、回復行動が遅れてしまい、非常に厳しい。おそらくこういった心理が働いていると思われる。一つの例を示す。

・バイキが切れてる⇒早くバイキしなくちゃ⇒下がらずにバイキルト⇒タゲでプレスや通常攻撃もらい死ぬ⇒特に真やいば切れてて、プレスだった場合は壊滅原因となる

こういった行動が多い後衛の場合は、4に勝つことは非常に厳しい。距離感は以下のことを意識すれば、自然と適切な距離感をつかめるようになってくる。

※真やいばの効果時間は30秒ということを覚えて、切れた直後の攻撃を食らわない位置取りを意識する!!

後衛は、真やいば切れた直後の攻撃は食らわないようにすることが理想である。切れた直後に後衛タゲで、プレスだった場合は、4人全員が受けて壊滅原因となりうる。黄色以降は、タゲでも受けざるを得ない状況になることがあるので、磁界やスクルト、アイギスで耐えるようにする。真やいば時は、後衛もタゲ下がりしないことを推奨しているが、真やいばが切れそうなときは特に距離感を意識すべきである。上記リンク先動画の道具と僧侶の距離感は、ある程度よいと思うので、ぜひ参考に!


◆各状況での後衛の敵との距離について⇒戦士2、戦士バト構成を想定

1、黄色になるまで
・真やいばない時
言うまでもなく、後ろにいる。後ろといっても、タゲられてもすぐに食らわない距離。
タゲられて攻撃を食らう距離は意外と広いので、実際に体験することが重要。そのまま追いつかれないようにタゲ下がりをする。これは中途半端に逃げて追いつかれては意味がないので、確実にターンエンドまで逃げ切る!


・真やいばある時
少し前衛より後ろ。道具は攻撃したらすぐに下がる。前にいたままはダメ。
おおよそ
2キャラ分以上、前衛より後ろにいれば、前衛タゲのプレスも避けられる。基本はそのままタゲ下がりでよいが、慣れているなら後衛タゲでも下がらないで戦ってもよい。

※真やいば時でもタゲ下がりしない戦法は、難易度が少し高いので、その戦法で行く際は、ある程度練習してからのほうがよいです(2/3追記)

・真やいばが切れそうな時や切れた時
すぐに後ろに下がる!ここで前にいたままタゲられると、まとめてプレスを食らう可能性があり、非常に危険!


・真やいば時かつ災禍やガジェの時
ダクキンが陣からでないように下がらないようにする。
真やいばが切れた場合は、後ろに下がる。


2、黄色以降
※下記のリンク先記事にて、黄色以降の動きは詳細を書いてありますので、ご参照ください!




黄色以降は、下記の例のように動くとよい。

・召喚時⇒前衛も含め4人で下がって、安全地帯に磁界を敷いてタゲ下がりをせずに、通常攻撃を食らう⇒テンペ誘発して攻撃チャンス!

・召喚以外の時⇒後衛タゲでも特に真やいば時は、エンドまでタゲ下がりしない⇒安全地帯で磁界をしいたり、やいばの防御などで耐えるどうぐ使いがエンドのシャウトを確実に避けられる、後退してのレーザーで死なないならば、エンドまで引っ張る戦法でよい


黄色以降は、エンド行動にシャウトが追加されるため、基本的に召喚後は、エンドまでタゲ下がりしてはダメである!!まだまだタゲ下がりしなければいけないと思って、下がる人がいるが、それは基本的にダメ!!以下のデスコンボがあるため、壊滅状況を除き、召喚後はエンドまで引っ張ることはやめる!

・召喚後⇒タゲ下がり⇒エンドのシャウト⇒テンペスト

上記のコンボが考えられる以上、タゲ下がりしては基本ダメである。基本的な位置取りは以下の通り。

・シャウトがいつきてもいいように、黄色以降の後衛は常時後ろにいる!!
(道具は、前衛が波動食らった際にリムーバーして、もらいシャウトがあるので避けられない場合はある)
(僧侶も、レーザー地帯などの変なところで死んでしまった前衛を蘇生するため食らう場合はある)

特に黄色以降に前にいすぎる道具と僧侶がいては、まず勝てない。シャウトは、最悪でも僧侶か道具、どちらかは避けなければいけない。ただ、前衛が召喚後に下がらない場合は、前にいるしかないが、その場合はそもそも勝つことは非常に厳しい。

またテンペストを後衛が食らってしまう原因の一つが、召喚後に前衛が下がらないことがある。ここまで述べてきたように、できる僧侶と道具ほど、召喚後に下がることができているため、下がらないで前でテンペストを誘発すると距離的に間に合わなくなる。レーザー地帯でのテンペを避ける、後衛を死なせないためにも、絶対に召喚後は前衛は下がらなければいけない!


※もちろん今回焦点をあてている距離感を保つためには、前衛が適切に壁ができている前提になる!


◆僧侶視点動画





◆まとめ

できる僧侶と道具になるためにはいくつかありますが、今回は距離感について書いてみました!距離感を意識することで、死にづらくなることは間違いないので、バフをかけたり、回復が間に合う時間を作ることができるかと思います。下がらないでスクルトやバイキをして攻撃を食らう道具、下がらないで回復をしようとして、そのままプレスに巻き込まれて死ぬ僧侶がいると、やはり安定しづらくなります。ぜひ敵との距離感を意識してみましょう!

ちなみに敵との距離感を図るにはダクキン3.4もそうですが、実はレグナードの僧侶をやることも役立ちます。レグ僧侶は、タゲ判断、エンド把握、適切な行動の判断力など、ダクキンで役立つ項目が多いです。またレグは1からでも僧侶はタゲ判断、エンド把握はほぼ必須なので、いつでも練習も可能です!

後衛だけでなく、前衛やる人にとっても役立つので、レグ僧侶をやってみることはお勧めです!パラもエンド把握についてすごく役立つので、お勧めです)レグについても、まとめた記事もありますので、ぜひ参考にしてみてください。


・レグナード攻略記事へのリンク⇒


・ダークキング攻略まとめ記事へのリンク








ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


※今回は、しずく、アイテム節約のための僧侶の動き方についてです。しずくぶっぱでやると考えている人にはあまり意味ない記事となっています!

・8/24 21時  回復魔力、宝珠についての項目を追記しました!
・8/25 20時  毒耐性について追記しました!

今回の記事は、ダクキンで問題となってくるアイテム消費を節約するためにはどうすればよいか、について書いてみようと思っています。しずくもそうですか、特にどうぐ使いをやっている人にとっては、葉っぱの消費も非常に頭の痛い問題かと思います。

このアイテム大量消費を解決する一つの方法があります!!結論から先に以下に記載します。


※僧侶が上手く動けて(理想は僧侶の死亡がゼロ)、適切に回復できれば、しずく、葉っぱの消費は劇的に削減できる!!!
もちろん前衛が、壁更新、エンド受け1人でできるなど、一定のレベルで動ける前提ではあります。そもそも、前衛が死にまくりで動けない時点で、しずく節約以前の問題です


・僧侶があまり死なない⇒回復、蘇生が間に合う⇒葉っぱ、しずくの消費が抑えられる


上記のように単純な理屈となります。ただここで問題となってくるのが、僧侶の立ち回りについてです。僧侶は、個人的にはかなり難しいと思っています。なぜなら、その時々の状況によって、最善の手が変化するからです。判断力が非常に問われます。

しずく葉っぱを節約できるためには、先に述べた結論のように僧侶が上手くなければ、ほぼ不可能です。おれもまだまだですが、自分で心がけている点を今回書いていきたいと思っています。以下の動画の僧侶の動きは、そこそこできているので、参考にしてみてください!一応黄色までは死んでません。テンペストをくらってしまっているので、動きはおれもまだまだです(>_<)




それでは具体的に書いていきます!
※今回紹介する僧侶の動き方は、戦士バトマス道具僧侶構成を想定ですが、基本的にどの構成でも応用できると思います。みんな一定レベルの動きはできる前提です。

※戦法については、以下のリンクの戦法を推奨です。まも構成は、真やいばがない時が多いため、タゲ下がりすることが多くなります。




<回復魔力と必要宝珠について>
・筆者の僧侶のステータス
現在の装備:神託セット、上下回復魔力錬金、栄華の王錫。腕と武器は速度錬金、頭hp、足はみかわし。
HP590
毒耐性:輝石ベルト、破毒リング、毒ガード宝珠で100%

回復魔力:780程度
となる
僧侶関連宝珠:いつくしむ心、不滅の回復呪文強化、ベホマラー奇跡瞬き、ザオラル戦域瞬き、復讐祈り、早読み、聖女、天使瞬き、聖女の歌の閃き、果て無き早読み
祈りマラーの回復量:480~490(ベホマラー奇跡は飾り石で強化済み)


退魔セットでの回復魔力が上がるアクセ、錬金効果なしでの回復魔力目安:630前後
最低ラインは、630くらいとなるかと思われる。ただこれは、180スキルで回復魔力40をとる必要はある。hpとの兼ね合いはあるが、回復魔力は、やはり高いほうがよい。資金にもよるが、体上は、回復魔力錬金がベスト。またベホマラーの奇跡と瞬き宝珠は必須レベル。

体下に関しては、毒ガード錬金が非常に高額なので、皮のズボンなどでもそれほど問題なし。神託が、セット効果が優秀なので、資金があるなら、神託セットがベスト!

・必要な最低回復魔力の目安は?⇒660以上はほしい!ほんとに目安だが、最初にクリアした時の回復魔力が660程度。これでベホマラーの回復量は430。これは退魔セットで、カードといつくしむ心を準備するだけで到達可能なレベルである。ただ、できるなら回復魔力を上げたほうがやはり安定度は高いことは間違いない!


<ダメな僧侶の行動の具体例とその理由>
1、死亡してから即天使をする
僧侶が死んでいる、ということは回復ができていない状況である。その上、行動が遅い天使をすぐにするようでは、しずくぶっぱは必須となってしまうため。また適切な位置に動けば、ダクキンにおいては僧侶が死ぬ場面はそうはない。

2、回復よりもキラポンを優先する
ダメージを受けて黄色や赤色の仲間がいても、回復せずキラポンをしていた。そもそもダクキン3以降においては、キラポン維持は現実的でない。キラポン維持をしたいならしずくぶっぱとなる。また波動はそもそも前衛が避ける動きを体得していないと、まずダクキン4は倒せない。

3、全回復しないのに祈りベホイミをしている
赤色の味方に祈りベホイミをしている。単体回復するなら全回復が基本なので、全く意味がない。回復量を把握していない証拠である。

4、テンペスト後に次の竜巻で死にそうな仲間がいるのに、回復をしない
テンペスト後の竜巻は確定であり、そのダメージで死ぬ仲間がいるのに回復をしない。これは非常にダメな行動である。確実に回復をして死なせないようにすべき。

5、タゲ下がりをしている時に、追いつかれる
これもよく僧侶でやっている人を見かけるが、タゲ下がりをしているときは、追いつかれてはダメである!エンドのプレスは僧侶は食らっては基本ダメ。

6、祈りをしないでマラーを連発する
回復量が全く足りないため、基本的に祈りをしてからマラーをするべき。


<しずく、葉っぱを節約するためのポイント>
※大目標は、僧侶が死なないことなので、そのためのポイントです!

1、各種行動のダメージ量を覚える
真やいばない時の目安:通常攻撃650  プレス820  やみのはどう310  竜巻310

・真やいば時の目安:通常攻撃330  プレス430  やみのはどう150  竜巻150

・レーザー600前後

上記ダメージ量を、まず第一に覚えることは、アイテム節約できる僧侶になるためには必須。なぜならダメージ量を把握することで、次に回復をするか補助をするかの判断材料になるためである。これらがわかっていれば、各種判断は概ね上手くいくようになる。


2、行動の優先順位
祈りと、自分への聖女は必ず維持をしておく。バトがいるならバトへの聖女も次に優先。天使もできる限りしておく。基本的に全員が満タンになるように、回復をタイミングよくしていく。


3、僧侶の立ち位置に気を付ける
(黄色まで)
真やいば時の立ち位置:前衛から2キャラ分くらい以上は後方
動画で確認したところ、2キャラ分くらい以上、前衛より下がっていると前衛タゲのプレスを避けられていた。これは実戦での練習が必要なので、体感するほかない。安全地帯かつ真やいば時ならば、タゲ下がりしない。反転防止のためもあるし、適切に回復すれば問題ないため。

真やいばない時:タゲだった時にすぐに攻撃を食らわないように、後方にいる。僧侶タゲの時は、絶対に追いつかれないように。(壁が機能してないときは無理である)エンドのプレスは絶対に巻き込まれない位置にいるようにする。

(黄色以降)タゲ下がりはシャウトが危険なので基本的にしない。ただ不意のシャウト対策に、基本後ろにいる。

・真やいば時の災禍ガジェ時:僧侶タゲで下がる僧侶がいるが、それは絶対ダメ。真やいば時であれば攻撃の最大のチャンスなので、下がらず回復に専念する。

・エンド後の立ち位置:ターンスタート時のプレスの巻き込まれを防ぐために後ろにいる。(特に真やいばない時)


※立ち位置が前すぎると巻き込まれたり、僧侶タゲですぐ攻撃される危険があるので、常時立ち位置は意識するようにしなければいけない!


※9/6 20時追記
真やいばの効果時間は30秒を意識しておき、効果が切れそうなタイミングでは、タゲられてもすぐに攻撃されない距離に離れておくことが大切!

・真やいば切れる⇒後衛タゲ⇒プレス⇒4人まとめてくらう

このパターンが非常に危険であるため。ぜひ真やいばの効果時間は意識するようにしよう!!


4、レーザーに極力当たらないようにする
レーザーに関しては、クリスタルの位置を視点を動かして確認し、ある程度レーザーの位置を予測する。それにより避けられる確率が格段に向上する。視点を動かさない僧侶は、レーザー被弾率が高いのは間違いない。


5、回復は基本祈りマラーで、ベホイミは使わない
基本的に回復は祈りマラーでよい。レーザーや複数攻撃も多く、単体回復している間に別の誰かがダメージを受けている場合が多いため、ベホマラーで一気に回復がベスト。ベホイミに関しては、回復量が足りない場合が多いため、使用しない。ベホイムでキャラを選ぶ時間ももったいなく、またキャラ間違いの危険もあるので、基本ベホマラーでよい。エンド単体受けが確定している時など、確実に単体回復でよい場合は、ベホイムでよい。


6、回復のタイミングについて
ダメージ量を把握して、次の攻撃で死ぬメンバーがいなければ聖女などの補助行動をする
原則として、黄色以下のメンバーがいるようなら、回復を最優先する。複数聖女はがれている場合は、しずく使用も考慮。


7、蘇生のタイミングについて
自分が死にそうなら、自分の回復を優先する。召喚や、闇の波動や真やいば時の竜巻などで、さらに死者が出ない状況なら、蘇生を優先でよい。2人以上死んでいる場合は、蘇生を優先でよい

一例として、テンペスト後の竜巻で他のメンバーも死ぬのに、回復しないで蘇生はダメ。回復後に蘇生をする。


8、行動の具体例
・天使をする時:闇の波動時、道具タゲでタゲ下がりしている時、真やいば時の竜巻時(全員黄色にならない場合)

・聖女をする時:次の攻撃が来ても、死人がでない状況の時。道具がタゲ下がりしている時に壁をしつつ聖女もする

・竜巻被弾時:死人が出ないようなら、ダメージ後に回復するタイミングでベホマラーを使う。真やいば時で、全員満タン時の際は、聖女などの補助行動をする。

・通常攻撃、プレス、レーザー被弾時:ダメージ量的に次の行動で死人が出る可能性が高いので、すぐにベホマラーをする

・真やいば時、何かでダメージを受けてhpが450以上だったら、回復は次の攻撃後に行うことが多い。その分1回補助行動をする。なぜなら、最大ダメージのプレスは450未満のため。ただ、レーザーを食らいそうな状況の時は、回復をする。回復のタイミングをわざと遅らせて、ターンを有効活用することもテクニックの一つ!


コマンド選択基準の基本は、次の攻撃で味方が死んでしまう状況なら回復、死なないようなら、聖女などの補助行動やザオラル、としている!いつでも回復という基準ではない。敵の行動、味方のhpを常に把握して、臨機応変にコマンド選択をする!


<僧侶が死ぬ場面>
・テンペストを食らう時

・聖女、真やいばがない時の通常攻撃、プレス時(磁界などもないものとする)

・エンド攻撃を食らった後に、後ろに下がっていなくて次のタゲをもらい攻撃を食らう時

・レーザーを2連発で食らった時

・レーザーで死んだ仲間を蘇生にいって、レーザーと攻撃を一緒に食らった時

・特に黄色以降にプレス2連発食らった時。押し反撃誘発してしまった時もあるが、黄色時、タゲ下がりしないでプレス⇒次の行動でプレス、というきついコンボもある。

これらの項目を考えると、基本的には僧侶は、気を付けて動けば死ぬことをかなり防ぐことが可能となる!
立ち位置や、回復のタイミングを適切に行えば、かなり死亡率は下げることが可能となる。


以上となります。もちろんミスなくやることは無理に近いですが、上記のことを気を付けて動けば、死にづらい僧侶になると思います!死にづらくなれば、やはり回復も蘇生も間に合い、しずく、葉っぱの消費量はかなり少なくなると思います。死にづらい僧侶は、ダクキン4だけでなく、全ての強さのダクキンでも活用できる僧侶の立ち回りになると思います!!

しずく、葉っぱの消費が少なくなる手助けになれば、幸いです!

・ダークキング攻略まとめ記事へのリンク



・ダークキング動画へのリンク

ドラクエ10 ダークキング動画リスト


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


それでは、パラディン編に引き続き、第2弾の僧侶編になります!
まずは、以前に書いた記事を参照してみてください。僧侶に関する記事となります。







<僧侶>
1、僧侶って難しいの?

パラ魔法僧侶構成では、ダントツで一番難しい。その時々の状況に応じた判断が必要で、判断力、応用力が要求されるため。

2、開幕天使、祈ってから回復ってしないと気持ち悪いんだけど、それでもレグ僧侶できる?
やらないほうがよい!決まった行動しかできないタイプの人は、レグ僧侶では役に立たない。

3、重さはどれくらいあればいいの?
結論から言えば、パラと一緒に押すことでズッシなしで完封できる282あることがベスト!決まった固定パラフレとしかいかないのであれば、そのパラに合わせればよい。282あれば、パラがスティックにしたり、hpを盛ったりもできるので、メリットも大いにある。

4、押しがちの重さじゃダメ?
やってみればわかるが、押しがち状態では押す速度が遅く、常時ズッシが必要なレベル。3,4ではその一手がターン足りなくなる原因にもなるので、282あることがベスト。

5、雷100、重さ282、ブレス80とかあるけど、結局どの装備がいいの?
・☆が多いほど、理想的な装備

☆☆☆☆:雷100、重さ282、ブレス60精霊王
☆☆☆:ブレス80、重さ282、麻痺封印100精霊王
☆☆☆:ブレス80、重さ282麻痺封印100魔法のよろい
☆☆:雷100ブレス0重さ282精霊王
☆:おもさ282未満(パラと一緒にズッシなしで完封できる重さでない)装備

優先順位は、重さ282>雷耐性、ブレスと考えている。まずないとダメなのは、完封できる重さの282。その後は、アクセの合成状況、資産に応じて、精霊王かまほよろにする。

6、ブレスってあまり食らわないから、ブレス0、雷100って、☆3つ以上になるんじゃないの?
ブレス食らわなければいいので、0でよいという人がいるが、そんな完璧な状況を想定することが間違いだと思う。呪いないとダメであるし、聖女がほぼ必須になるし、ブレス食らったら即死ないしhp1になるのも問題。罠ブレスのこともあるし、危険性が高いと考えているため優先度は低く考えている。ブレス2連続の際は、パラが仁王立ちしないと、死ぬことにもなる。

7、まほよろでも、レグ4って勝てるの?
きちんと動ける腕があれば、全く問題なく勝てる!筆者は総額100万ちょっとのまほよろセットで、レグ4は何回も倒している。

8、雷100でブレス0だけど、フバーハしたほうがいいの?
自分のためじゃなくて、パラのためにフバーハしなきゃダメ!もちろん他の装備の僧侶も、フバーハは適宜しなきゃダメ!

9、タゲ判断ができないんだけど?
タゲの方向にレグは首を向ける。筆者は、やや右にずれて、レグがこちらを向くかどうかで判断している。こればっかりは、習うより慣れろ!で、練習するしかない。

10、補助壁はどれくらいで離脱すればいいの?
秒数か歩数で、やりやすいほうで管理する。15歩を目安にエンド攻撃がくるので、その前13歩程度で離脱がよい。

11、押しながら特技、呪文使ったほうがよいの?
コントローラーの操作をがんばって、押しながら特技、呪文を使えるようにしよう!それにパラが合わせることにより、壁が全く下がらなくなる。

12、壁から戻るときは、どうするとよいの?
キラポンを魔法にすることが一石二鳥でよい。特技を使うと走って戻るので、ギリギリまで補助壁できて有効。

13、壁までレグ押したら、補助壁しにいかなくてよいの?
壁を下げないため、パラにまもりの盾など使ってもらうため、壁ドンなっても補助壁行かないとダメ!

14、基本は、壁ドン目指したほうがいいの?
基本壁ドンを目指すべき。後方にスペースがあれば、パラがふっとんでも魔法までたどり着きにくいし、なにより咆哮を魔法使いが避けられることにもつながるため。

15、ピンチ時の、回復補助の優先順位がわけわからなくなっちゃうんだけど?
優先順位は、パラ>>僧侶>>>>魔法使い。基本パラを死なせないように回復し、もしも死んだら最優先で蘇生させる。魔法はパラがピンチなら死んでても放置でよい。パラがいないと、ほぼ全滅する。

16、咆哮押しパラが失敗して、押されてる時、僧侶が動ける場合は、押しにいっていいの?
押しちゃ絶対ダメ!!!咆哮押し失敗時は、相撲が成立していないので、押した人に軸が移る。僧侶はパラより軽いので、より押されてしまって完全にダメ。
正解は、自己ズッシして、パラと一緒のラインで棒立ち!これでレグに押されなくなる。

17、黄色以降の非怒り時は、どの辺にいればいいの?
魔法と同じ位置にいることは、一番ダメ!咆哮押し失敗に備えて、パラと魔法使いの中間あたりにいることがよい。なるべく自己ズッシもしておくとなおよい。

18、女神の祝福は、誰にやればいいの?
パラディン!!!

19、ついベホイミやってしまって、パラディン全快に2回費やしちゃうんだけど?
回復量を覚えよう。祈りベホマラー、通常ベホイムの回復量を覚えておく。ベホイミは筆者は使用しない。

20、魔法使いがスイングあたりまくって、キラポンしたりするターンが足りないんだけど?
そういう魔法使いには、ワタアメ食わせよう!食わないなら、一緒にいくのをやめることを考えるの一つの方法。

21、聖女とキラポン、どっちを優先すればよいの?
断然キラポン優先!!特にレグ3,4では、キラポン維持が最重要事項

22、ターン足りなくなるから、魔法使いにレグ4で聖女しなくていい?
基本聖女しなくてよし!!それで文句言われたら、そのptで僧侶やるのやめよう!少なくても筆者はやめる。聖女しなきゃらならない魔法では、レグ4では大苦戦もしくは勝てないため。介護好きで、どうしても勝たせてあげたいなら、聖女もして、がんばろう!


思いつく限りでは、以上となります。一応僧侶がメインのため、項目が増えました!精霊王でなくて、結局まほよろでずっとやっていましたが、十分勝てます!資産が十分ある人は、精霊王で揃えるのがもちろんベストです!それでは、参考なれば幸いです!

・レグナードの攻略記事がある攻略本は、以下のリンクからどうぞ!

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 氷の領界+職人の極意編 バージョン3.2[後期] (SE-MOOK)



ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ