バトル好きが書くドラクエ10攻略!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略ブログです!ダークキングを筆頭にバトルコンテンツ攻略に役立つ情報がたくさんあります。サポ攻略記事も多めです!他に動画もアップしています。ケンチャンゲーム動画チャンネル、で検索してみてください!!

2016年03月

スポンサーリンク


ドラクエですが、こんなにはまったゲームはほんとに初めてです^^まだまだやることも多く、しばらくは続けていくことは確実と思います。ちょっと今回は個人的な考えの日誌です!

結論から言いますと、

・休止する際に、少しでも再開する可能性があるなら、キャラデリはやめよう!!

がおれの考えです。もちろんもうドラクエ10に飽きた、つまらなくなった、今後一切やる気がないという場合は、おれもキャラデリすると思います。

最近、引退や休止してキャラデリまでする人もでてきてます。おれは、個人的には引退、って言葉にも違和感があります。引退って、スポーツ選手などが使う用語のはずです。好きでやってるゲームで引退、ってなんか違うような気がします。休止、がしっくりくるのかなと思ってます。

リアルが忙しくなったり、他のゲームがしたくなったりと、色々とドラクエを休止する理由がでてくるのは、当然あると思います。

忙しくなったので今まで通りできない⇒引退しよう!って極端に考えることは全くないと思います。ゆる~く適当に、忙しいから休止して、また落ち着いたら再開でもしようってスタンスが一番だと思っています。

そこでキャラデリまでする場合は、ぜひ一度考えてみてください!
全然もう未練がないのか?今後、暇になり再開する予定はないのか?
少しでも戻ってくる可能性があるのでしたら、キャラデリはするべきでないと、個人的には思います!

キャラデータを残しておいても、デメリットはほとんどありません。データはサーバーにあるので、パソコンなどが重くなることもありません。好きでやってたゲームを、忙しいからなどの理由でキャラデリして一切やらなくなるのはもったいないと思います。

いざ再開しようと思ったときに、必ず後悔するのではと思います。幸い再開しやすいゲームデザインですし、おれ自身も半年別のゲームをやっていて休止していた過去もあります。復帰したとき、データ残しておいてよかった、と思いました。

ダークソウル3が発売なので、おれも少し休止するかもしれません。もちろんキャラデリなんてしません。楽しいゲームなので、データは運営に消されない限り、残しておきます!

もちろん人によって考え方は違うと思いますので、キャラデリするの自由ではあります。おれは、少しでも再開する気持ちがあるなら、キャラデリはすべきでない、という考えです^^

なによりオンラインゲームなので、アップデートは継続的に行われていきます。そこでやりたくなる時期が来るかもしれません。少し迷っている人がいましたら、参考になればと思いました!


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スポンサーリンク

 


今回はレグナードの咆哮を、魔法使いが避ける方法です!
咆哮を、どんなときもくらってしまっていませんか?咆哮を避けることができれば、討伐時間の短縮にもなり、安定度がかなり高まります。

咆哮を避けられる魔法使いはそんなに多くなく、少し上級テクニックですが、ぜひ習得するとパラ僧侶さんからみても、誘いたくなる魔法使いになれます!

魔法使いしかレグでやらない人で、魔法使いが難しい、と感じる人がいるかもしれませんが、断言します!魔法使いはダントツで簡単です!!!

これは、パラ僧侶もやってる人に聞けば、ほぼみんなそう言うはずです。
パラ僧侶さんを楽させてあげるためにも、魔法使い参加の際はぜひ考えて行動しましょう!


<咆哮の避け方>
※前提として、後方にスペースがないと、そもそも無理です

咆哮の距離=メラゾ最大射程より少し長いくらい

1、常にメラゾの最大射程の位置にいるようにする

2、マヒャデドスは使わない。近づかなければいけない、証効果なし、炎ベルト効果もなしと、デメリットのほうが多いので、基本使わないようにする

3、交互に攻撃し、片方が攻撃するときはもう一人は下がっておく(時間ないときは、ガンガン攻撃するしかない場合もある)

4、自分の攻撃で怒り咆哮が来ても、メラゾ最大射程にいれば、即座に下がることにより、回避できる(タイミング的に回避できないときもあり)

咆哮をやる際は、必ず立ち止まるので、立ち止まったら咆哮を警戒してさがっておくとよい
 (相撲中での即怒り咆哮を除く)


咆哮は怒り時でも、通常時でも使うことがありますが、上記4点を意識しておくと避けることが可能となってきます。

これをできるようになると、本当に飛躍的に討伐時間が短くなります。

・討伐時間が短い=咆哮対処の回数が少ない=勝率が高まる

魔法使いで行く場合は、ぜひ参考にしてみてください^^

・レグナードの攻略記事がある攻略本は、以下のリンクからどうぞ!

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 氷の領界+職人の極意編 バージョン3.2[後期] (SE-MOOK)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ



※2017/3/18追記  キャラが強くなり、火力が大幅にアップしたことで、きちんと動けていれば、賢者の聖水の回復でも十分倒せるようになりました!もちろんエルフが最高高率なのは間違いはありません。


レグナード4ですが、個人的には、魔法使いはエルフで回復が大原則だと思っています。

しかしながら、賢者聖水はいうまでもなく、魔法の聖水、最悪なのはマホトラで回復する魔法使いもいるようです。賢者の聖水は、固定ptでみんなうまいようなら、ありだとは思います。

本日のレグ4で魔法の聖水で回復する魔法使いと一緒になりました。もちろんあまりうまくなく、勝てないで解散でした。

mp回復アイテムを使う魔法使いに関しては、色々な人をみたところ一つの法則があると思います。

※上手い人はエルフを使い、下手な人は聖水を使う傾向にある!!

ほんとこうなってると思います。エルフを使わないと結局討伐時間が伸びて、パラ僧侶の負担が増え、負ける可能性が高まります。上手い人はそれを理解しているので、エルフを使います。賢者のほうが安いでしょ?って人のために値段の面からなど比較してみます。

<各アイテム使用の比較>
1、値段(3/23のバザー価格)
エルフの飲み薬:18000g
ようせいの霊薬:3000g
賢者の聖水:2010g
魔法の聖水:101g

2、エルフ1個の他のアイテムからみた価値
・ようせいの霊薬6個分
・賢者の聖水9個分
・魔法の聖水180個分

3、回復量の比較
エルフ:満タン
ようせいの霊薬:平均90
賢者の聖水:平均70
魔法の聖水:平均40

4、レグナード4において必要な回復量
条件:魔法使いのmpは、480とする。(以下条件は一緒)
通常勝てる際は、エルフ一つ使って、その後賢者を一つ使うか使わないか。
そうすると大体必要回復量は、550程度。そこかから割り出す。

エルフ使用時:エルフ1個、賢者1個程度(18000~20000g)
ようせいの霊薬のみ:6~7個(18000~21000g)
賢者の聖水のみ:8こ程度(16000g)
魔法の聖水:14個程度(1414g)
※なんとびっくり!!エルフ1こ使うのと、他の回復アイテムを使うのでは、費用の面ではほぼ差がない!!
(魔法の聖水はそもそも論外)

5、回復する必要ターン数
エルフ:1回
ようせいの霊薬:7回
賢者の聖水:8回
魔法の聖水:14回!

以上が、検討結果となりました!魔法の聖水なんか14ターン必要ですね。メラゾ14回打てますね。

<結論>
レグナード4の魔法使いのmp回復アイテムは、費用の面からも、回復に費やすターンから見ても、エルフ以外を使う選択肢は、ほぼないと考えられる!!

※回復に費やすターンが、エルフ以外では、7回以上は必要となる。魔法使いは2人いるので、14回以上ターンを費やすことになる
討伐時間が間に合わなくなる最大の原因になると、レグ4でエルフ使わない魔法使いは、絶対に自覚するべき!!!

※エルフ高騰した場合は、1回で勝てれば費用の面のメリットは薄いが、結局エルフを使わないとダメージ効率が大幅に劣り、勝てなくなる可能性が高くなる
結果的に何度も戦うことになり、アイテム消費が多くなり費用面のメリットもなくなる

ぜひレグ4で魔法使いで参戦する場合は、エルフを使いましょう!エルフ使わないなら、僧侶パラが大変な目にあいますし、フレだった場合は、あまり誘われなくなると思いますよ!ぜひ参考にしてください!!

・レグナードの攻略記事がある攻略本は、以下のリンクからどうぞ!

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 氷の領界+職人の極意編 バージョン3.2[後期] (SE-MOOK)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ



今回は、レグナードの魔法使い緑玉のコメントについてです!

※試行回数が、10回未満とぜんぜん少ないため、参考程度にしてください!

最近になって今までやっていなかった、野良レグナードをやっています!全て、緑玉、魔法使いで誘われ待ちです。題名は、その際にコメントに記載してあるものです。

今のところ幸いにも、マホトラする魔法や暴言を吐くような人とは会っていなく、特に3,4の際は1回を除き、1発クリアできています。そこで以下の推測が短絡的ながらも考えられました。

※コメントがしっかりしているため、変な人から逆に誘われにくいのでは?⇒上手い慣れてる人から誘われやすいかもしれない!

自分がリーダーとして魔法使いを誘う場合も、題名のようなコメントを書いている魔法使いはすぐに誘うと思います。以下に理由です。

<各コメント記載の理由>
1、ワタアメ〇
個人的には、このワタアメ〇コメントが一番重要と考えている。できる魔法使いを選別するにはこれが一番大切。ワタアメの重要性は過去の日誌参照。

2、炎呪文の%
こうまは、はっきりいってそれほど問題ない。600前半のようにあからさまに低くない限り適切に動ければ700程度で問題ない。それよりもダメージ効率の上では、炎呪文の%記載がはるかに大事

3、麻痺100%
封印、呪いは必要ない。ダークネスを多く食らうptの場合、その時点で安定して勝てるptではない。雷槌対策に麻痺だけあれば十分。

、おもさ181
おもさ記載がある(押しがちできる171以上)場合は、タゲ判断できる魔法使いの可能性が高い。

上記の理由で、緑玉コメントを記載しています。おれの攻撃魔力は緑玉の中でもダントツに低く、731です。それにも関わらず、あまり時間をおかずに誘われます。

少なくてもワタアメ〇、と書いておくと、ワタアメ使うやつは地雷(初心者)だと思っている下手な人、から誘われることを避けられるので、お勧めと感じます!!

攻撃魔力が731と低めなことも、逆に上手い人から誘われやすいかもしれない!
⇒慣れてる人は、攻撃魔力はそれほど重要でないと気付いている。(もちろん高くて上手ければ理想なのは言うまでもない)
⇒僧侶パラ用に装備、宝珠を準備している場合は攻撃魔力をそこまで高められない
⇒最優先で攻撃魔力が高いほうがよい、と考えている人からは誘われにくい(そういう人は、やばい可能性が高い)

<他の多くの魔法使いのコメント例>
・周回or1勝解散
・レグナード希望 炎15.5
・称号pt希望 炎15
・攻撃魔力813 雷55%

自分のアピールポイントを書いている魔法使いが驚くほど少ないです。いい人に誘われる意味でも、単にレグナード勝ち解散希望、とかではなくて、スペックを記載したほうが絶対良いと思います!

<個人的に考えるよい魔法使いの例>
※リーダーまだやってないため、予想です

・精霊王セットで、ビーナス、風雷いんろう装備(大竜玉はまず避けるべき)
・証装備>魔人勲章3>>>>>証欄に装備なし
・ワタアメ〇コメント(これがあれば、ほぼはずれはないと思われる)
・おもさコメント
・炎呪文%コメント
・肩書が常闇あり(これは、ないよりはあったほうが良い程度)

※きようさ、攻撃魔力も高いほうがよいが、上記になにも当てはまらない場合は危険と思われる。

フレさんがレグ4においてマホトラをするやばい魔法使いに誘われた、と言っていましたので、そういったやばい人から避ける手助けになれば、幸いです!とりあえずワタアメ〇、の人を誘えばマホトラをすることはまずないと思います。マホトラをするようなケチな人が、ワタアメを使うはずがないですからねw

レグ野良も、1発で4クリアできたりするとほんと気持ちよく、楽しいです♪機会があったら、野良やってみるのもよいと思います^^

・レグナードの攻略記事がある攻略本は、以下のリンクからどうぞ!

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 氷の領界+職人の極意編 バージョン3.2[後期] (SE-MOOK)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ



※自分の最短討伐時間ですので、もっと早いタイムはもちろんあると思います。参考までに!

※パラ魔法2僧侶構成

レグナード1:6分40秒(フレpt、自分なにで参加したか忘れました)
レグナード2:8分50秒くらい(フレpt、ちょっと記憶うろ覚えです)
レグナード3:9分11秒(野良pt、魔法で参加)
レグナード4:14分20秒くらい(野良pt、魔法で参加)

※パラがエンド処理を適切に行って通常攻撃で死なない⇒僧侶が補助壁をこまめにして、補助回復を適切に行う⇒魔法使いがワタアメを食べて、怒り時は死なないで、ガンガン攻撃する!!

このように動ければ、タイムはかなり早くなると思います^^

現在の最速タイムは、上記の通りとなってます。特におれの魔法使いの攻撃魔力は、730くらいと低いです。3,4のタイムの時は、もう一人は800前後ありました。700もあれば、適切に動ければ問題ないと思います。

野良ptは、もちろん事前にどれくらい上手いかわかりませんので、タイムを安定は難しいです。フレさんと固定ptでやっている場合は、上記のタイムより大幅に遅いことが多い場合は、間違いなく適切に動けてないです。

・討伐タイムが短い⇒みんな適切に動けている⇒費やすアイテムが少なくなる⇒費やす時間が少なくなる⇒他の楽しいことができる

結果として、討伐タイムが短い、ということだけで上記のメリットが生じます!例えば1でもいつも10分以上かかっている場合は、ぜひなにがよくないのか、話し合うことをおすすめします!!

※もちろん討伐タイムについては、僧侶タゲが多い、なかなか怒らない、通常の咆哮の回数が多い、などレグの行動運にもよります

安定しない原因については、以前の記事にも書いていますので、ぜひ参照してみてください。簡単に下記に記載しておきます。

<討伐タイムが長くなる要因>
1、パラがエンド処理を間違うことが多い
2、パラが通常攻撃でよく死ぬ
3、僧侶が補助壁をあまりしない
4、僧侶が回復、補助を適切にできない(回復、補助の優先順位が間違っている)
5、魔法がスイング、ダイブによくあたる
6、魔法使いがスイングによくあたるのにワタアメ食わない(僧侶もよく当たる場合は、ワタアメ食うほうが良い)
7、怒られた魔法が、ダイブなどを食らって、怒りをすぐ解除される
8、黄色以降にマグマができて、レグがその中にいる際に、攻撃を続けて怒らせる(氷は場合によります)
9、4においては、魔法がエルフの飲み薬を使わない

以上、9項目くらいとなります。理由については、以前の記事を参照してください。
おれの考えとしては、やはりわざわざ苦戦したい人はいないと思っていますし、さくっと倒せたほうが絶対よいと思っています^^

討伐時間にも気を配ると、上達の目安にもなるかと思います!!

・レグナードの攻略記事がある攻略本は、以下のリンクからどうぞ!

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 氷の領界+職人の極意編 バージョン3.2[後期] (SE-MOOK)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ