バトル好きが書くドラクエ10攻略!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略ブログです!ダークキングを筆頭にバトルコンテンツ攻略に役立つ情報がたくさんあります。サポ攻略記事も多めです!他に動画もアップしています。ケンチャンゲーム動画チャンネル、で検索してみてください!!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略に役立つブログです!お得な攻略情報をお届けします!
スポンサーリンク


※2016/6/6 公式攻略本の情報をもとに、ダイブをやる時期など、いくつか追記しました!

魔法使いをやるフレさんの中でも、ダイブよけるのが苦手!、と言う方がけっこういます。そこでダイブをよけるポイントの記事を一つ書いちゃおうと思いました!

今回の目標:怒り時、特に黄色以降の怒り時は、100%ダイブを避けられる!!
目標の理由は、怒り時、特に黄色以降の怒り時にダイブを食らって死ぬ魔法さんだと、非常にパラ僧侶がつらいためです!

※ダイブは、きちんと動けば99%避けられます!!(ラグなどであたってしまうことはあります)⇒ラグを考慮しても、きっちり早めに避け行動をとれば、ほぼ100%避けられます!

※怒り時、特に黄色以降の怒り時に、怒りをもらっている魔法がダイブで死ぬと勝てなくなる最大の原因です!


<ダイブを行う時> ※エンド時とは、パラが押し続けた結果の押し合い反撃を意味しています。
1、hp51%以上のエンド時(怒り関係なく)

3、hp75%未満の怒り時と全てのhp帯の非怒り時におけるターンスタート時
(hp黄色以降の怒り時でもあり)


<ダイブ行わないとき>
1、hp25%減るまでの怒り時の行動

2、黄色以降(hp50%未満)の非怒り時、怒り時エンド行動(黄色以降は、怒り関係なく押し合い反撃ではダイブなし)

※通常時はこれくらいですが、みとれ時など、不意に行う時もあります
 間違ってる場合もあるかもしれませんので、その場合は追記します


<避け方のポイント>
1、上記のダイブをやるとき、やらないときを覚える

2、エンド行動を把握するために歩数を数える

3、ダイブをやられる場面でエンド時に行動しない

4、歩き出すまで行動しない

5、避ける際はパラが避けた方向に避ける(うまいパラさんならダイブは100%よけるため)

6、証装備で、ダイブを使われる場面でタイミングがギリギリの際は、キャンセルボタンを連打しておく

※最も避けてほしい黄色以降の怒り時は、ターンスタート時のみにダイブを行う場合があるので、絶対に避けるようにしましょう!!歩き出してから攻撃を徹底する!!!

※黄色以降は、エンド行動(押し合い反撃)にダイブがないため、ワタアメ使用すると、ガンガン攻撃可能となる!!


上記6点を徹底すれば、ダイブを確実に避けられるはずです!ダイブを避けるの苦手、といっている人にぜひ教えてあげてください!苦手、よく当たる人は、上記のことができていないはずです。

スイングはワタアメで避けられますし、あとはダイブを特に怒り時にあたらなければ、レグナードの勝率はかなり高まると思います^^また僧侶とパラの負担も少なくなり、僧侶パラから誘われやすい魔法使いになれます♪

もちろんおれもミスゼロは難しいですが、怒り時だけでも避けられれば十分安定してくると思います!ぜひ参考にしてみてください^^

・レグナードの攻略記事がある攻略本は、以下のリンクからどうぞ!

ドラゴンクエストX いにしえの竜の伝承 オンライン 公式ガイドブック 氷の領界+職人の極意編 バージョン3.2[後期] (SE-MOOK)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スポンサーリンク

 


ダークドレアム20170220-2116_368554170


ダークドレアムですが、かなりはまっていて、現在190体をこえて、討伐しています!いろんな職業で行けますし、戦闘も楽しいボスです♪

現状、多少弱い人がいても倒すことはできますが、やはり楽に倒せるようになったほうが、基本的にはいいと、おれは考えています!そこで、より楽に倒せるようになるポイントを書こうと思います^^

※魔法4僧侶4の十字構成は、ほぼいったことないため、今回は想定していません

<必要耐性>
魔法使い以外は、封印がとにかく必須!!
(特技、呪文の両方封印なので、能動的な解除には、プラズマリムーバーや僧侶の必殺が必要)
魔法使いは、おぞましいおたけびをあたる位置から攻撃しないこと大事です。もちろん魔法使いも封印耐性あれば、よりよいです!
前衛物理や僧侶が封印されると、それだけで討伐時間も延び、苦戦することになります。特に前衛物理で封印される人をみると、強い特技を使えなくて、つまらないと思わないのかな?って思っちゃいます。

・混乱、麻痺、即死、呪いも、あればあるほど、楽になる。僧侶は特に耐性が複数あったほうがよい。

・風、雷耐性もあってもよいが、それで耐えても、他の状態異常になったら大変なので、難しいところ。基本は、状態異常ガードがよい、パラなら属性耐性積む価値もあり。僧侶もグラクロ対策で風を積むと強い。

<動き方>
・みんなで固まらない

・前衛みんなで壁しない

・僧侶も壁をずっとしないで、適度に離れる

誰かが怒りタゲ下がりをしているときは、ロスアタしないで壁をして時間を稼ぐ

ドレアムで苦戦する、全滅する原因は、やはりグラクロを複数くらうことです。エンド行動などグラクロがあるため、みんなで壁をしているとやられます。

<特におすすめの各職の動きについて>
僧侶は、天使が最優先。天使する僧侶はだめといわれることもあるが、ドレアムだけは例外。多段攻撃が多く、天使をしていないと厳しい。

・レンジャーはまもりのきり、ブレイカー、あんこくのきり、かいま280以上の確定ザオラルがほぼ動きの主体になる。逆にこれらがないと、あまり活躍できない。

・芸人は、必殺技と水流のかまえがあると、高確率で攻撃をよけられる。グラクロも耐えることが、かなり可能になり、そのときは、どやぁ!となりますw

※苦戦、もしくは全滅する要因
・封印される人が多い(3人以上いると相当きつい)
・僧侶が天使をあまりしていない
・みんなで壁していたり(特に物理構成の時)、固まっていたりして、グラクロでまとめてやられる
・賢者がいる構成の場合で、賢者が回復主体で動かない

ドレアムはかなりやっていますが、オートマでも早いと6分台もいけます^^構成は今は、装備、動き方がわかっていれば、相当自由な構成で勝てています!フレさんと行く場合も、最低限封印耐性だけはチェックすることをおすすめします(#^.^#)


ドラゴンクエストX ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


この記事は、3.2ラスボスのサポ攻略についてネタバレがあるので、
見たくない場合は、すぐに画面閉じてください!!





では、構成から書いていきます!クリア時は、エステラさんのAぺち修正前となっています。現在は強いでやっても、ミラーリング頻度が下がり、エステラさんがうまく動くのでより難易度は下がっていると思います。

1、構成
自分レンジャー、サポは、ツメ武闘家、剣ません、僧侶
僧侶のみフレサポで、武闘家、ませんは、野良サポです。どうしても、自分レンジャーで倒したいのもあり、構成を色々かえて、戦ってました。

戦士、芸人⇒戦士、バイキドラキー⇒一喝もあるし武闘家いい、ブレイカーはいればブレイクも入るし、ませんでよい、となりました!

2、装備、スキル、主要宝珠について
レンジャー:格闘以外、150、呪文耐性盾、体上、混乱幻惑転び完備。
宝珠:閃き、あんこくのきり、マヌーサ技巧、ザオラル戦域、ザオラル瞬き

武闘家:混乱、幻惑、転びありだったはず。ツメ、きあいは、150。呪文耐性はなし。閃き宝珠、タイガー宝珠あり

ません:混乱、幻惑、転びあり。呪文耐性なし。片手剣、フォースは150。宝珠は、閃き宝珠、片手剣宝珠ほぼあり

僧侶:耐性完備。宝珠は、天使くらいだったはず。信仰は150.

料理は、速攻を重視して、クイックケーキ☆3をみんな食ってる

3、作戦について
武闘家:ガンガンいこうぜ
ません:基本バッチリ(フォース、フォースブレイクを使うため)怒りをとったら、ガンガンに変更
僧侶:いのち大事に

4、レンジャーの動き方
・まもりのきりは、きらさない
・ポルカは、少し離れてから使う。範囲攻撃を避けるため
・基本はブーメラン装備
・ブレイカー、あんこくのきりは、基本セットで使う
・マヌーサが特にブレイカーがあれば、効くのでなるべく幻惑維持
・幻惑なれば、結晶への攻撃がミスになり、守れる
・ダメージアップ中は、弓、オノのチャージタイムスキル、フェンリルアタックを使って、総攻撃する。ブレイク、ダメージアップ、災禍の陣あると、フェンリルが1600×4=6400でた!


この構成ではミラーリングをほぼ防げないので、いかにダメージを与えた状態でミラーリングさせるかが、ポイントとなる!

一喝運もありますが、武闘家、ませんを入れることによりダメージアップ中の火力が大幅にアップして、クリアすることができました。パラ構成に比べると難しいのは否めませんが、自分レンジャーでもクリアすることができて、すごく満足です^^サポ攻略するうえで、一つの参考になれば!



このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ