バトル好きが書くドラクエ10攻略!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略ブログです!ダークキングを筆頭にバトルコンテンツ攻略に役立つ情報がたくさんあります。サポ攻略記事も多めです!他に動画もアップしています。ケンチャンゲーム動画チャンネル、で検索してみてください!!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略に役立つブログです!お得な攻略情報をお届けします!
スポンサーリンク


すこる20190824-1907_494336743

※今回の記事の対象は、タイムアタックや3人討伐などの上級者向けではなく、まずは最強まで討伐したい方向けとなっています。
◎まもの使い→バトマス→どうぐ使い→賢者、の順に書いています。

かなり久しぶりの更新となります。レギルラッゾ達までは装備についてまとめて書いていたのですが、スコルパイドとジェルザークについてはまとめていないことに今更ながら気付きました・・・。当ブログでの人気記事は、装備についての記事が多く、おそらく検索から来ていただいていることも多いと考えています。スコルパイドとジェルザークについても、各職業を網羅したサイトやブログはほぼないため、やはりバージョン5発売までに書いておこうと思いました!

まずはスコルパイドについてまとめていこうと思います。流れとしては各職業ごとに装備などを紹介、最後に各職業について攻略記事のリンク(動画もあります)を記載しておきます。おそらく各職業視点の攻略記事、動画までまとめてある記事は、他にはないかと思いますので、ぜひ活用していただけたらと思います。

※紹介している武器については、おそらくバージョン5にて新しい武器が実装されるため、すごく性能のよい高額品を購入することは控えておいた方がよいかもしれません。

・以下の金のロザリオは致死率伝承、忠誠のチョーカーは攻撃力伝承です。
・宝珠については今回だけでなくエンドボスには共通して有用な宝珠があります。打たれ名人、逆襲のみかわしアップ、忍耐のmp回復、復活のhp回復量アップ、各種復讐系宝珠、各種不滅系宝珠、各種ステータスアップ宝珠などです。ぜひ集めておきましょう!

◎フワフワわたあめの効果説明については以下の記事をご参照ください。
フワフワわたあめの効果の詳細について

◆まもの使いの装備・スキル・宝珠について

1、武器
断罪のジャマダハル、一択となります!攻撃力、基礎効果ともに現時点でベストです!錬金は攻撃力でよいです。ムチを補助武器としてバイキルショットを使う手もありますが、持ち替えの手間もあります。筆者は終始ツメのみでいつもやっています。

2、防具
必要耐性:即死と毒100%
最大hpの目安:料理込みで、650以上を目安、リンク先と込みで1350程度は欲しい。

防具については、トライバルセット、族長セット、レギオンセット、いずれかのセットでよいかなと思います。正直、動きがしっかりしていれば、それ以下の装備でも問題なく倒せますが、毒100が必須となるため、ゼルメアでも手に入れることができる上記3セットがコスパの面でも選択肢となります。タイムアタック狙いではトライバルになるかと思いますが、普通に倒す分には、どのセットでも問題ありません。ゼルメアなどで毒錬金がついたものが手に入ったセットで用意すればよいかと思います。

耐性については、最低限即死、毒は100%が必須です。これは100%ないとだめです。勝負になりませんし、他のメンバーに多大な負担がかかります。他の耐性については、毒錬金がどこの部位についたか、に左右されます。絶の震撃は食らうと封印されますが、最強では2回ダメージのため基本死にます。そのため封印はなくていいです。そもそもわたあめ食べることで常に回避可能となります。足の移動速度ですが、パルプンテでしかつかないため、高額です。ただゼルメアにてちょくちょく出たりしますので、ゼルメアに通ってみましょう!

頭:hpまたは毒(体下と頭で毒100になっていればよい)
体上:即死100
体下:毒または混乱100など
腕:会心率で基本よいです。ルカニ腕もありかもしれません。
足:移動速度6%以上があれば移動速度。ないようならば素早さが第一候補で、あとは身かわし。

3、アクセサリ
顔:死神のピアス、特技ダメージ、ターン消費なし伝承
首:攻撃金のロザリオまたは忠誠のチョーカー。今なら火力が上がっているので攻撃金ロザでも問題なく間に合います。
指:武刃将軍の指輪、バイシオン延長、伝承は攻撃力でよいと思います。ここは破毒ではなく武刃将軍の指輪を装備したいです。
胸:セトのアンク、攻撃力
腰:虫系ダメージアップベルト。属性は使わないので属性ダメージベルトは不要です。
札:hp、攻撃力、素早さ
その他:基本的には大地の大竜玉。hpが足りているのならばパワーチャーム。
証:ガナン帝国の勲章がベスト。錬金はhpで問題なし。ないようならば、魔人の勲章かhp錬金の忠義の勲章。

4、スキル
・まものマスター
160:テンション消費しないやターン消費しない  170:会心率  180:特技のダメージ
160、170は会心率はいずれかにセットとして他は好みでよいかと思います。

・ツメ
160:会心率  180:牙神昇誕3 190:タイガークロー
170と200までのいずれかに、攻撃力かライガークラッシュを入れる形になるかと思います。どちらが良いのか検証する時間はないため、好みでよいのかなと思います。

5、宝珠
必須宝珠:やいばの防御、タイガークロー、ライガークラッシュ、ビーストモードの閃き、果て無きウォークライ、武神の豪腕、奇跡の会心攻撃、打たれ名人
上記はぜひとも必須レベルです。他はエンドボスに有用な各種復讐系宝珠、ステータスアップ系宝珠、不滅系の宝珠となります。

■ライガークラッシュのところが、ライガークロー、と記載の間違いがありました。コメントでご指摘頂き、ありがとうございました!

・料理については基本的にはバトルステーキでよいです。

◎まもの使いの動き方についての攻略記事
スコルパイド まもの使いの動き方について攻略記事(動画もあり)



◆バトマスの装備・スキル・宝珠について

1、武器
片手剣は邪紋のつるぎがベストとなります。ハンマーについては、星球の鉄槌、神域のハンマーのどちらかとなります。攻撃力だけで考えれば星球の鉄槌ですが、行動時チャージ短縮がある神域のハンマーも利点があります。バザーで考えると出品数が少なすぎるため神域のハンマーはややコスパが悪くはなります。両手剣も今ならいいのかもしれませんが、やはり天下無双は硬直が長いのがネックです。片手剣二刀流よりもハンマースキルも活かせる左手はハンマーがベストです。邪紋のつるぎは基本的には会心錬金でよいと思います。もろば斬りを主力に使っていくようでしたら、攻撃錬金も十分強いかと思います。ハンマーは攻撃錬金でよいです。

2、防具
防具は基本的に考え方はまもの使いと一緒となります。ただテンションが上がりやすいため、ベストはレギオンセット、となります。

必要耐性:即死と毒100%
最大hpの目安:料理込みで、650以上を目安、リンク先と込みで1350程度は欲しい。

防具については、トライバルセット、族長セット、レギオンセット、いずれかのセットでよいかなと思います。正直、動きがしっかりしていれば、それ以下の装備でも問題なく倒せますが、毒100が必須となるため、ゼルメアでも手に入れることができる上記3セットがコスパの面でも選択肢となります。ゼルメアなどで毒錬金がついたものが手に入ったセットで用意すればよいかと思います。

耐性については、最低限即死、毒は100%が必須です。これは100%ないとだめです。勝負になりませんし、他のメンバーに多大な負担がかかります。他の耐性については、毒錬金がどこの部位についたか、に左右されます。絶の震撃は食らうと封印されますが、最強では2回ダメージのため基本死にます。そのため封印はなくていいです。そもそもわたあめ食べることで常に回避可能となります。足の移動速度ですが、パルプンテでしかつかないため、高額です。ただゼルメアにてちょくちょく出たりしますので、ゼルメアに通ってみましょう!

頭:hpまたは毒(体下と頭で毒100になっていればよい)
体上:即死100
体下:毒または混乱100など
腕:会心率で基本よいです。ルカニ腕もありかもしれません。
足:移動速度6%以上があれば移動速度。ないようならば素早さが第一候補で、あとは身かわし。

3、アクセサリ
顔:死神のピアス、特技ダメージ、ターン消費なし伝承
首:攻撃金のロザリオまたは忠誠のチョーカー。今なら火力が上がっているので攻撃金ロザでも問題なく間に合います。
指:武刃将軍の指輪、バイシオン延長、伝承は攻撃力でよいと思います。ここは破毒ではなく武刃将軍の指輪を装備したいです。
胸:セトのアンク、攻撃力
腰:虫系ダメージアップベルト。属性は使わないので属性ダメージベルトは不要です。
札:hp、攻撃力、素早さ
その他:基本的には大地の大竜玉。hpが足りているのならばパワーチャーム。
証:ガナン帝国の勲章がベスト。錬金はhpで問題なし。ないようならば、忠義の勲章。忠義の勲章はhpによって、会心かhp錬金にします。

4、スキル
・とうこん
160:灼熱とうこんうち  170:会心率  180:特技ダメージ
160については、コメントで教えていただきました!ありがとうございました!!

・片手剣
180 不死鳥天舞
片手剣はかなり悩ましいかもしれません。検証する時間がないためどれがベストかは現時点では不明です。攻撃力、会心率、はやぶさ斬り、超はやぶさ斬り、アルテマソード、などをご自身のスタイルに応じて組み合わせるとよいかと思います。

・ハンマー
ハンマーは左手で使うため、普段はそれほど意味がない最大mpを組み合わせても問題ありません。他は攻撃力をつけるとして、あとは好みでよいかと思います。コメントで教えていただきましたが、シールドブレイクで守備力低下を狙うスタイルも考えられます。ただ持ち替えの硬直リスクもあるので、普通に倒す分には右手片手剣装備で終始やってよいです。スキルポイントですが、hp10アップがある150までは最低限あるとよいです。

5、宝珠
必須宝珠:やいばの防御、はやぶさ斬り、超はやぶさ斬り、不死鳥天舞、果て無きミラクルブースト、果て無きテンションバーン、打たれ名人、武神の豪腕、奇跡の会心攻撃
上記はぜひとも必須レベルです。他はエンドボスに有用な各種復讐系宝珠、ステータスアップ系宝珠、不滅系の宝珠となります。

・料理は基本的には、バトルステーキでよいです。

◎バトマスの攻略記事
スコルパイド バトマスの動き方について攻略記事(動画もあり)



◆どうぐ使いの装備・スキル・宝珠について

1、武器
ブーメランと弓が必要な武器となります。ブーメランはステラツイスターがベストとなりますがアカシックウイングでも問題ありません。弓はやはり最新のイルミンズールの弓、がベストとなります。ブーメランは錬金は悩ましいところですが会心率、攻撃、速度などが候補になるかと思います。弓は、さみだれうちをしまくることにもなるので、攻撃力で基本良いと思います。

2、防具
必要耐性:即死と毒100%
最大hpの目安:料理込みで、650以上を目安、リンク先と込みで1350程度は欲しい。

防具は機工博士セット、大怪傑セット、いずれも非常に有効なセット効果がついており、どちらでも問題ないです。毒錬金装備が手に入った方でそろえるとよいかと思います。これから揃えるのならば、魔戦でも非常に有効な大怪傑セットをお勧めします。

耐性については、最低限即死、毒は100%が必須です。これは100%ないとだめです。勝負になりませんし、他のメンバーに多大な負担がかかります。他の耐性については、毒錬金がどこの部位についたか、に左右されます。絶の震撃は食らうと封印されますが、最強では2回ダメージのため基本死にます。そのため封印はなくていいです。そもそもわたあめ食べることで常に回避可能となります。足の移動速度ですが、パルプンテでしかつかないため、高額です。ただゼルメアにてちょくちょく出たりしますので、ゼルメアに通ってみましょう!

盾はほぼ飾りに近いレベルではあります。ルフでも問題ないです。錬金は盾ガードベストにはなりますが、呪い耐性など手持ちのもので全然問題ありません。

頭:hpまたは毒(体下と頭で毒100になっていればよい)
体上:即死100
体下:毒または混乱100など
腕:きようさで基本よいです。他には会心率もよいかと思います。筆者は速度で当初倒しました。。。
足:移動速度6%以上があれば移動速度。ないようならば素早さが第一候補で、あとは身かわし。

3、アクセサリ
顔:死神のピアス、特技ダメージ、ターン消費なし伝承
首:攻撃金のロザリオまたは忠誠のチョーカー。今なら火力が上がっているので攻撃金ロザでも問題なく間に合います。
指:機工博士セット→武刃将軍の指輪(バイシオン)  大怪傑セット→魔導将軍の指輪(早読み)。ここはぜひとも破毒リングは装備しないようにしたい。
胸:セトのアンク、攻撃力
腰:虫系ダメージアップベルト。属性は使わないので属性ダメージベルトは不要です。
札:hp、攻撃力、きようさ。他には素早さもあり。
その他:基本的には大地の大竜玉。hpが足りているのならばパワーチャーム。
証:ガナン帝国の勲章がベスト。錬金はhpで問題なし。ないようならば、会心率錬金の忠義の勲章。hpが足りないようならばhp錬金。

4、スキル
・アイテムマスター
160:どうぐ最適術  170:会心率または被ダメージ減  180:特技ダメージ

・ブーメラン
160:デュアルブレイカー 170:攻撃力  180:レボルスライサー  190:会心率  
200:レボルスライサー強化
スコルパイドに特化するとするならば、上記のようになるかと思います。

・弓
160:弓聖またはロストスナイプ強化 170:会心率 180:ロストスナイプ3 190:攻撃力 
200:さみだれうち強化
スコルパイドにおいては、さみだれうちのダメージアップがカギとなるので上記のようなセットとなります。

・盾
盾は180にアイギスの守りをセットはしておきましょう。他は好みで構いません。基本的には弓を持っているためです。

5、宝珠
・必須宝珠:やいばのぼうぎょ、強化ガジェット閃き、磁界シールド、プラズマリムーバーの戦域と瞬き(戦域はまだ限定宝珠のため運が必要です・・・。)、さみだれうち、打たれ名人、神業の手
上記はぜひとも必須レベルです。他はエンドボスに有用な各種復讐系宝珠、ステータスアップ系宝珠、不滅系の宝珠となります。

・料理については、各自のスタイルによって変わってくるかと思います。基本はバトルステーキでよいかと思いますが、レボル成功率重視派かつhp足りていれば、きようさにくまん、も選択肢に入ります。

◎どうぐ使いの動き方の攻略記事
スコルパイド どうぐ使いの動き方について攻略記事(動画もあり)



◆賢者の装備・スキル・宝珠について

1、武器
賢者の武器については、ブーメランか両手杖、2択となります。基本的に速度錬金が2か所ついた(12%以上)ブーメランがないようならば、両手杖にしましょう。やはり速度は重要なためです。ただアカシックウイングならば基礎に5%あるため一か所でも大丈夫だと思います。両手杖は、追撃の基礎効果があるので黄昏の杖は避けましょう(コメントでご指摘ありがとうでした!普段は両手杖で蠍行ってないため間違えました・・・。)。神域の杖がベストにはなるかと思います。錬金は速度です。

2、防具
必要耐性:即死と毒は必ず100%。
最大hpの目安:料理込みで、650以上を目安、リンク先と込みで1350程度は欲しい。賢者は攻撃力はたいして必要ないのでhpは多めがやはりよいです。

防具については、ベストは一番性能がよいソポスセットとなります。ただやはり毒錬金がネックとはなるので、クルーガー、カテドラルでも全然問題ありません。毒錬金装備が手に入ったセットでよいかと思います。特にカテドラルは体下がフリーなのできじゅつしなどの装備を使いまわせる利点があります。盾は最新の鷲王の盾がベストではありますが、ルフの盾でも全然問題ありません。また回復魔力だけに注目するとルーンバックラーもありです。錬金は盾ガード、呪い耐性あたりでよいですが、ほんと手持ちのものでよいです。本体は盾スキルです。

耐性については、即死と毒100%は必須です。考え方によっては、魔蝕の呪いと混乱に対してもカバーしておくのもよいです。ただ、そもそも魔蝕を食らう位置取りは非常によくないので、食らわない前提で考えた方がよいかとは思います。筆者は最初は体下混乱を装備していましたが、今は回復魔力錬金です。封印に関してはわたあめ食べましょう。賢者が震撃食らうようでは話になりません。

盾:呪い、盾ガードなど
頭:hpまたは毒(体下と頭で毒100になっていればよい)
体上:即死100
体下:毒または混乱、回復魔力。
腕:呪文発動速度
足:移動速度6%以上があれば移動速度。ないようならば素早さが第一候補で、あとは身かわし。

3、アクセサリ
顔:死神のピアス、呪文回復力アップ、ターン消費しない伝承
首:金のロザリオ、hp錬金
指:魔導将軍の指輪、早読み埋め。やはり早読みが強いので、破毒は装備しないようにしよう。
胸:アヌビスのアンク、hp
腰:剛勇のベルト、hp錬金、hp伝承がベスト。なければハイドラベルトhp
札:hp、回復魔力、すばやさ
その他:大地の大竜玉
証:ガナン帝国の勲章がベスト。錬金はhpで問題なし。ないようならば、忠義の勲章のhp錬金。

4、スキル
・さとり
160:被ダメージまたはみかわし  170:呪文威力と回復  180:きせきの雨

・ブーメラン
180から200にレボルスライサー、攻撃力、会心率をセットで、あとはmpを170、160はレボルでよいのかなと思います。賢者は攻撃はほぼしなくても全然時間は間に合います。

・両手杖
180から200に活名の杖、攻撃魔力、活名の杖効果時間をセットして、あとはドルマ系、mp、暴走率あたりでよいのかなと思います。

・盾
160:好み 170:mp 180から200にアイギスの守り、瀕死時みかわし、守備力をセット。

5、宝珠
・必須宝珠:いやしの雨、やいばのぼうぎょ、ベホマラーの奇跡と瞬き、ザオラルの戦域と瞬き(ザオリクを使用するならばザオリクの宝珠)、打たれ名人
上記はぜひとも必須レベルです。他はドルマ系、イオ系、エンドボスに有用な各種復讐系宝珠、ステータスアップ系宝珠、不滅系の宝珠となります。

・料理については、基本的にはバランスパスタ、バトルステーキ(他の職業と共通して使える利点あり)のどちらかでよいかと思います。タイムアタックをやる方は、きようさにくまんを使っているようです。hp足りていれば、回復魔力あげるためにあいじょうオムレツ、も選択肢に入るかもですが、非常に高いです。

◎賢者の動き方について攻略記事
スコルパイド 賢者の動き方について攻略記事(動画もあり)


◆まとめ

以上、主要4職業についてまとめてみました!各職業紹介の最後に攻略記事のリンクも貼っておきましたので、ぜひ参考になればと思います。まもの使い、バトマス、どうぐ使い、賢者、各視点での動画もあります。スコルパイドはほんとに楽しいボスです♪あまり運要素もなく、実力がダイレクトに出るボスです。また装備についても毒は購入するとすると高いですが、ゼルメアで手に入れることもできます。しかも装備が良くても動き方の比重が大きいボスなので、多少装備の性能が劣っていても、練習して動きが洗練できれば倒すことができるよいボスです!最強スコルパイドを倒す一助になれば幸いです!




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

スポンサーリンク

 


20190627-1830_486529198

今回は武器スキル200解放クエストボスのラーヴァドラゴン攻略法についてです。キングヒドラみたいなやつで、さらにテンションバーンあるため、かなり強いですよね( ゚Д゚)特にバトマスサポと相性が悪く、天下無双でガンガンテンションも上がってしまいます。ただある構成によって、非常に簡単に倒せるようになります!ブレス耐性もサポにはいりません!最後に動画もありますので是非参考になればと思います。

結論から言いますと、以下の通りとなります!

※自身がブーメラン装備してレンジャーをやれば、非常に簡単に勝てます!!

構成はレンジャー天地魔法使い僧侶構成でサポ3討伐できています。このボスにはレンジャーが非常に相性がよいです。レンジャーを日頃使っている人はすぐに試したのではないかと思います。ただレンジャー人口は少ないため、レンジャーの有用性を知っている人が少ないかと思います。今回の記事を参考にぜひクリアしていただけたらと思います。サブでもレンジャーならば全然楽にクリアできます!


◆レンジャーの装備・スキル・宝珠について


1、装備
・武器:アカシックウイング
状態異常成功率10%アップがあるアカシックウイングが良いです。それによりマヌーサの成功確率がアップします。錬金はなんでもいいです。というか☆1とかの安物でも問題ありません。

・盾:ルフの盾などのブレス錬金
ブレス錬金なくてもいけますが、おそらく手持ちにあると思いますので、無難にブレス錬金盾でよいです。

・防具:スターダムセットがベスト
状態異常成功率がアップするスターダムセットがベストですが、ない場合はほかの防具セットでも問題ないとは思います。ただスターダムセットは非常に有用性が高いため、ぜひともこの機会に持っておくといいかと思います。

2、スキル
職業スキルは82まででも問題ありません。ブーメランスキルは最低でもデュアルブレイカーのある140まであるとよいです。

3、宝珠
レンジャー用はポルカ宝珠のみありました。ただそこまでなくても大丈夫です。もしあればマヌーサ技巧宝珠、あんこくのきり宝珠があればさらに安定すると思われます。

◆レンジャーの動き方について


※このボスにおけるレンジャーの利点について
連続かみつきを幻惑で弱体化でき、火炎連弾をまもりのきりである程度無効化でき、フバーハも使えて、ザオラルも使え、デュアルブレイカーによる補助、ポルカによるmp補給もできます。まさに今回のボスに持って来いの性能です。ブレス錬金?なにそれ?です。サポにも全くなくても倒せます!


1、開幕は幻惑になるまでマヌーサを使う!その後も幻惑が切れる前に更新しておきましょう!(一度切れると、幻惑にしばらくなりにくくなるため)
連続かみつきが非常に怖いので、まずは幻惑をさせるようにしましょう。アカシックウイング、スターダムセットならば、高確率で幻惑にできます。

2、幻惑になったのならば、まもりのきり、を維持しましょう!
まもりのきりは、範囲内の味方に一度だけブレスを無効にする効果があります。非常に強い効果であり、ブレス耐性が0であろうが、無効化できます。しかも発動が早いため敵の行動が見えてからでも間に合う場合があります。まもりのきりを維持しておけば、ブレス耐性なんてなくても問題ありません。

3、デュアルブレイカーがチャージ次第、使いましょう!
デュアルブレイカーを使って、状態異常耐性低下が起こればさらにマヌーサ維持もしやすくなり、非常に安定します。またぶきみなひかりも入りやすくなり、魔法使いがいる場合のダメージが増えます。

4、フバーハも適宜使いましょう!
レンジャーはフバーハも使えます。ぜひ適宜使っておきましょう。つい忘れがちですが、どこかのアプデでフバーハ使えるようになりました!

◆pt構成について


自分はブーメラン装備のレンジャーで決まりとなります。その他はかなり自由度が高いのかなと思います。筆者はレンジャー天地魔法使い僧侶構成でド安定でした。他にも賢者入りや戦士、魔法戦士入りなど様々な構成で倒せるかと思います。

※ネットの情報によると占い師、扇天地でも倒せている報告がありました。ただいずれもおそらくブレス耐性は必須レベルになっているかと思います。レンジャーならば自分も含めてサポにブレス耐性がいらないのが利点です!ブレス100なんてまったくもっていりません!

・レンジャー天地魔法使い僧侶構成の戦法について
レンジャーは上記の行動を基本にしています。天地は終始いのちだいじに、にしてカカロンを維持してもらいます。僧侶もいのちだいじに、で回復蘇生してもらいます。魔法使いはガンガンいこうぜ、にして攻撃してもらいます。もうこれだけでド安定で勝てます。

◆ラーヴァドラゴン サポ3討伐動画!



・構成は自分レンジャー魔法使い天地僧侶構成です。
・タイムは5分程度です。
・ブレス耐性はレンジャーが45くらいはありますが、サポはみんなブレス耐性ほぼないです。確か一番多くても18くらいです。ブレス耐性なくてもこれほど安定して勝てます!


◆まとめ

今回のボスは普段バトマスや戦士、僧侶などのある特定の職業しかやっていない人達は苦戦するボスかと思います。いわゆる脳筋構成では苦戦するようになっています。レンジャーなんかは普段使うことは少ないかと思いますが、今回のボスのようにブレスが強く幻惑が効くボスには非常に強いです。もちろん他の職業でもクリアはできると思いますし、ぜひこの機会に色々な職業に触れてみるとドラクエ10のバトルの楽しさが味わえるかと思います!




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote


20190417-2248_477786937

※魔法戦士の動き方の記事ですが、もちろん絶対とは全く思っておりません!特に片手剣を使用することについて、そのスタイルを否定するものではありません。戦法の一つのご紹介となります。

先日、ついに魔法戦士でもジェルザーク3を討伐することができました!今回は魔法戦士の動き方の記事となります。魔法戦士については、色々とやり方があるかと思いますので、今回は筆者が討伐した際の戦法をご紹介したいと思います。

まず筆者が考える魔法戦士の大事な役割としては以下の通りです。

※壁の維持と範囲攻撃誘発・回避、マジックアローによるソルジャーへの耐性低下、フォースブレイクをできる限り使う、という役割である!!

魔法戦士をやる上で、上記の役割を強く意識してやっていました。mp管理、弓聖での補助などは上記の基本的な役割ができるようになってから考えたほうが良いかと思います。最初から色々とやろうとすると、ミスが多くなってきてしまうと思います。まずは単純化して一つ一つ練習していきましょう!

◆魔法戦士の装備・宝珠について

◎魔法戦士の武器について
まず魔法戦士をやる上で悩むところが、武器を片手剣にするか弓にするか、だと思います。筆者の考えとしては、以下の通りとなります。

※魔法戦士の武器は、終始弓でもよい!(実際筆者は、終始弓でジェルザーク3を討伐済です)
(剣盾への持ち替えはやったことないため、今回述べることはできません)

以下に理由を述べます。

<弓の利点>
1、マジックアローによりソルジャーに呪文耐性低下2段階効果をすぐに与えることができる!

なんといってもマジックアローによる呪文耐性低下2段階効果が非常に強いです!一回で2段階入るため、マグマが始まってすぐにやっても間に合います。

2、ソルジャーが遠くにいても、マジックアローが届く!
ぶきみなひかりは、どうしても近くに行かないと無理ですが、マジックアローは範囲が広いため遠くにソルジャーがいても届きます。その利点は、壁をしていてなかなか自由に動けない魔法戦にはかなりの利点となります。

3、ジェルザーク3本体にもマジックアローが効く場合がある!(技巧宝珠レベル5飾り石+大怪傑セットの場合)
なんとジェルザーク3においても、ジェルザーク本体にマジックアローが効く場合があります。効いたらかなりの討伐時間短縮に貢献するので、余裕がある時に狙うとよいです!

4、弓聖の守り星も地味に効果的である!
僧侶がキラポンができればよいですが、やはり忙しいためなかなか手が回りません。そんな時に余裕がある時に弓聖をしておくと役立つ場面が多いです。

5、マジックアローによりソルジャーへ呪文耐性低下2段階維持が非常にしやすいため、マグマを止める安定度がかなり高まることになる!
リミットマグマを止めるためには、まずは呪文耐性低下2段階効果が必須レベルとなります。マジックアローにより非常に呪文耐性低下2段階効果を維持しやすいため、結果的にマグマを止めやすくなり、バトルが安定することにもつながります。

以上の理由となります。理論としては、マジックアローにより呪文耐性低下2段階効果が維持しやすいことにより、リミットマグマを止めやすくなる、ということになります。ジェルザーク3に勝つためのキモはマグマをいかに止めるか、にかかっています。そのマグマを止めやすくするマジックアローの効果は想像以上に高いと思っています。

デメリットとしては、剣盾と比べて死にやすい、ということにはなりますが、それを補ってあまりある利点があるかと思います。

剣盾については、筆者は一応用意はしていますが、結局一度も使っていません。そのため剣盾の使用について述べることはできませんが、例えば本体1体になった時に剣盾は有効かなと思います。剣盾のみについては、上手いptならばいいのではないかと思います。剣盾装備しているのに死にまくってしまうようではおそらくマグマだらけになっていると思いますので、意味がないかなと思います。剣盾と弓の併用については、やはり持ち替え時の硬直がネックになるかなと思います。また持ち替えを考える手間が生じることも非常にデメリットかなと思います。

※剣盾持ち替えか弓のみにするか、迷っている方には、筆者としては弓!をお勧めします!
※言うまでもなく、適切な場面で剣盾と弓の持ち替えができる方がベストかなとは思います!


1、武器
弓ならば、イルミンズールの弓がやはりベストです。開幕時チャージタイム短縮もありますし、非常に優秀です。攻撃力565(フォースブレイク必中の値)との兼ね合いになりますが、錬金効果は会心率がベストになるかと思います。また攻撃錬金でもヘナトス2段階状態になった場合にフォースブレイクが命中する可能性がでてくるため、攻撃錬金でもそこまで問題ないと思います。(具体的な数値はわかり次第、記載しようと思います)剣は邪紋のつるぎ一択となります。フォースブレイク大成功率アップ、ぶきみなひかり成功率アップにもつながります。錬金効果は攻撃力になるかと思います。

2、防具
防具のセットについては、セット効果がジェルザーク3にぴったりの大怪傑セットしかないと思います。おそらく他のセットでも倒せるかとは思いますが、大怪傑セットが優秀すぎるため魔法戦士やるならばぜひとも購入しおいて損はありません。盾については、雷竜の大盾がベストになるかと思います。

◎筆者の討伐時の耐性とステータス
・耐性:ブレス38%、眠り混乱封印幻惑転び踊り100%
・関係するステータス:hp705、mp383、攻撃力565、守備力616、攻撃魔力444、すばやさ492、きようさ461

<錬金効果>
耐性については、頭と体下で眠りと混乱は最低限100、幻惑踊り転び100にしましょう。
・盾:ブレス
・頭:hp2個と眠り、混乱100封印など
・体上:ブレス
・体下:眠り封印、眠り混乱など
・腕:会心率でいいかと思います。
・足:転び踊り(どちらか90のものを買って、宝珠で両方100にするとコスパは良いです)

3、アクセサリ
・顔:ダークグラス幻惑100
・首:攻撃金のロザリオ、hp金のロザリオ(攻撃力による)
・指:バイシオン合成の武刃将軍のゆびわ
・胸:hp合成のアヌビスのアンク
・腰:hp合成の剛勇のベルト(hpによっては攻撃力でも良いかと思います)
・札:hp攻撃力守備力(守備でなく素早さで筆者は討伐しましたが、守備力の方が良いかもです)
・その他:大地の大竜玉
・証:hp合成忠義の勲章
・絆エンブレム:聖女、まもりのきり、弓聖、スカラ2段階、バイキルト、などが候補になるかなと思います。筆者は特に魔戦用に作りませんでした。

hpについては飯込みで730程度は欲しいところです。威風で受けるダメージは、730前後あるためです。

4、宝珠
特に必須宝珠としては、マジックアローの技巧、フォースブレイクの技巧、心頭滅却の瞬き、やいばのぼうぎょの極意、となります。他に各種魔戦専用の宝珠、復讐シリーズ宝珠(復讐のスカラかなり有効)、不滅の宝珠シリーズなども有効です。各種ステータスアップ宝珠(鋼鉄の肉体も有効)もぜひとも用意しておきましょう。

5、180スキルについて
・弓:160ロストスナイプ、170会心率、180攻撃力
・フォース:160ターン消費なし、170被ダメージ軽減、180クロックチャージ
筆者は上記のように設定していました。180スキルについても個々人によって、プレイスタイルで分かれるかと思いますので、絶対というものはないのかなと思います。クロックチャージについては、フォースブレイクの回転率をあげるためにも、180に配置しています。

※200スキルについては、サンライトアローの意味はそれほどないので、好みでよいのではと思います。

◆魔法戦士の動きのポイント!

1、壁の維持がまずは基本的な役割と心がけましょう!
魔戦の第一の役割は、壁の維持、となります。範囲攻撃回避するためや別の行動をしすぎたりして、壁を放棄してはいけません。壁を放棄⇒タゲのところまでボスがすぐに行く、ということになり、時間を稼げません。またそれがマグマ中に陣を敷いている魔法使いのところに行くと、マグマを止められなくなる可能性が非常に高くなってしまいます。そのため、壁の維持をすることをまずは練習していきましょう!

2、壁が抜けないように、ターン開始時に押しておきましょう!
昔は違っていたと思うのですが、最近は敵を押しておかないと、高確率ですり抜けるようになってしまっています。そのためジェルザークがタゲに向かっていこうとしている場合は、すぐに押すようにしましょう。そうすることで相撲状態になることができます。押さなくても相撲状態になることもありますが、押しておく方が確実です。動画でやっておりますので、確認してみてください。棒立ちよりも確実に抜けにくくなります。

3、立ち位置は、ジェルザークの目の前ど真ん中ではなく、左右どちらかに少し寄っておきましょう!
立ち位置としては、ど真ん中だと魔弾がメンバーに当たる可能性が高くなってしまいます。なぜなら基本的には後衛は抜けないように魔戦の後ろ側にいるためです。魔弾は一番近い人に向かってやるようなので、少し左右にずれておくことで、射線をそらすことができ、後衛の被弾確率が下がります。ただ左右どちらか極端によってしまうと、壁が抜けやすくなるため注意しましょう。

4、余裕がある時にカメラを後ろ側にして特に陣の位置を確認しておくとよいです!難しい場合は、メラゾーマの軌道から推測しましょう!
タゲ下がりしている時など陣形が崩れることは多々あります。その場合、基本魔法使いの陣を最大限活用するために、反転することもあります。その際にカメラを動かして位置を確認しておきましょう。またはタゲ下がりで壁をしている時にメラゾーマの軌道から位置を推測もできます。後衛の位置も考慮にて動くようにできると、かなり壁も抜けにくくなり、安定してきます。

5、マジックアローで常にジェルソルジャーに呪文耐性低下2段階効果を発生させておきましょう!
前項でも詳しく説明はしていますが、マジックアローによる補助は本当に最優先レベルで重要です。このマジックアローによる補助が適切にできないとマグマ地獄になる危険が非常に高いです。呪文耐性2段階効果がないとマグマを止めるためにブレイクが必要になってきます。また悠長にマジックアローは、マグマの直前でいいや、と考えているとその時に魔戦が死んでしまうとマグマを止めきれなくなります。そのため常にマジックアローによる補助を維持していくくらいで、ほんとに良いと思います。マジックアローによる補助が遅い魔戦さんだとまず討伐は難しいでしょう。

※マジックアローが入っているかどうかは、マジックアローを選択することで敵の状態が見れるため、適宜確認しておきましょう。

6、各種範囲攻撃の回避方法、対処方法を覚えましょう!
ジェルザークの範囲攻撃は回避可能な技も多いです。回避困難な威風もありますが、ぜひ各種攻撃の対処方法を習得しておきましょう!下記に説明します。

※あくまで筆者のやり方のため、もっといい方法があるかとは思います。

・禍々しきはどう⇒密着していれば後ろに回り込むことで回避可能。ツッコミ避けでも回避はできるが、壁が外れるリスクもあるので、基本的には後ろ回り込み推奨。
・爆裂の計⇒やいばのぼうぎょをする。基本聖女なければ即死するため、やいばのぼうぎょをする。
・翠光魔弾⇒射線から左右にずれることで回避可能。これはぜひとも確実に避けたい攻撃。
・翠将の威風⇒密着していてかつかなり左右によっていれば、膝の後ろあたりまで回り込めれば回避可能です。ただかなりダメージ発生が早いため、すぐに動かないと回避ができなくなります。位置的に間に合わなそうならば、やいばのぼうぎょ、で対処する手もあります。回避しようとするあまり、壁が抜けないように注意しましょう。
・おぞましき禍唱⇒ツッコミ避けもしくは、早めに後ろに下がることで回避可能。やいばのぼうぎょするのもあり。
・地砕の計⇒赤以降は通常時でも使用する場合あり。それ以外はターンエンドのみに使用。ターンエンド時は、すぐ離れる、もしくはツッコミ避けをする。赤以降はツッコミ待機がよい。
・おぞましいおたけび⇒ツッコミ避け推奨。後ろ回り込みでも食らいます。
・迅雷の計⇒ツッコミ避け推奨。早く動けば回避は可能ではあります。
・翠将の喝破⇒ツッコミ避け推奨。
・ダークネスブレス⇒心頭滅却も入っていれば弓装備でも、やいばのぼうぎょをするとミスにできるため間に合えば、やいばのぼうぎょ推奨。

◎特にhp黄色以降は危険な攻撃が増えるため、ツッコミ待機推奨となります。

7、フォースブレイクを温存しすぎないで、可能な限り使いまくりましょう!
フォースブレイクの頻度が非常に少ない魔戦がいます。その場合はまずもって倒せないか、倒せてもギリギリになってしまいます。フォースブレイクの回転率を上げることが討伐には必須になります。フォースブレイクはCT技のため無制限に使えません。20分の間に使える最大回数は自ずと決まってきます。いい状態の時に打ちたいと思うかもしれませんが、それで温存しているとどんどん無駄になってしまいます。ぜひともCTたまり次第、マグマ時、大ピンチ時でなければ、どんどん本体に使っていきましょう!

◎基本的にはフォースブレイクは、ジェルザーク本体に使いましょう!ソルジャーに使う場面としては、マグマ一度出してしまっている場合、大号令キャンセルチャンス時にブレイクないとマグマ止められない場合、などの非常時のみで良いと思います。

フォースブレイクのコマンド位置はよく使うコマンドのページと同じにしておきましょう!そうすることですぐにチャージしたことに気づけます。

フォースブレイクを使わない方がいい場面としては、リミットマグマ時や、魔法使いが一人も覚醒状態になっていない、死人が2人以上いる、などの場面です。さすがにこのような場面では恩恵が薄いので使わないで良いです。

8、クロックチャージも積極的に使いましょう!
クロックチャージは範囲が狭いため、理想的には魔法使いも効果範囲に入れたいところではあります。ただ戦況によってはなかなかそうならない場面があります。その場合でも使える場面では使ってしまいましょう。魔戦本人には確実に効果が出るので、フォースブレイクのチャージ時間短縮にもつながります。もちろんクロックチャージ自体の短縮にもつながります。

9、マジックルーレットは隙が大きいため、タゲ下がりが成立してすぐくらいに使うようにしましょう!
マジックルーレットはmp回復+ダメージアップという、かなり使える必殺技ですが、硬直が長いデメリットがあります。通常時に使うとまずもって範囲攻撃被弾してしまうでしょう。使える場面としては、タゲ下がりが成立している場面で、その最初の時です。それによってターンエンド前に必殺技が終了となり、余裕をもって避けることができます。

10、心頭滅却を適宜使用しましょう!
基本筆者の戦法では弓装備のため、どうしてもブレス耐性が貧弱になってしまいます。心頭滅却も優先的に使っておきましょう。

11、大号令キャンセル時は、基本一番ジェルザークに近い位置にいるはずなので、タゲ下がりしましょう!
大号令キャンセルを狙う時は、一番近い人が大号令のタゲとなります。基本的には魔戦になると思うので、確実にタゲ下がりしてエンドまで逃げ切りましょう!

12、魔法戦士も、必ずフワフワわたあめを使いましょう!
たまに魔法戦士(壁役の人)がフワフワわたあめ使わない方がいます。壁だから意味ないでしょ?って思うかもしれませんが、わたあめ食べて、適宜ジャンプしながら行動することで、壁をしている時でもジェルハザード被弾のリスクをかなり減らすことができます。僧侶やる人にとっては、無駄な被弾が減るので、非常に楽になります。ぜひとも今まで使っていなかった人は、使うようにしましょう!正直使わない人で、ジェルハザードをすべて避けられる人には出会ったことがありません。通常他の魔法使い、僧侶は使っていますので、平等の負担の意味でも使いましょう!


◆ジェルザーク3 魔戦視点討伐動画!





・魔戦魔法使い2僧侶構成です。
・討伐タイムは17分44秒です。筆者は終始弓装備、ブレイクは基本本体のみ、ガイアーデドスは、基本ソルジャーのみ、という戦法でやっています。
・魔戦経験はそこまでないので、上手いわけではないですが、壁の維持、マジックアロー維持、フォースブレイクの回転率には気を付けてやっています。


◆まとめ

今回は魔戦についてまとめてみました。魔戦をやってみてわかりましたが、魔戦次第でバトルの安定度は非常に変わってきます。もちろん魔戦が神レベルだとしても、結局は魔法使いが動けないと勝てないのですが、魔戦が壁抜けまくったりするとバトルが成立しないレベルとなります。ぜひ魔戦をやる方は壁の維持、マジアロ維持、フォースブレイクの回転率を気にかけてみてください。それらだけを意識するだけでもかなり安定してくると思います。今回の記事が参考になればと思います!




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ