バトル好きが書くドラクエ10攻略!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略ブログです!ダークキングを筆頭にバトルコンテンツ攻略に役立つ情報がたくさんあります。サポ攻略記事も多めです!他に動画もアップしています。ケンチャンゲーム動画チャンネル、で検索してみてください!!

ドラクエ10のバトルコンテンツ攻略に役立つブログです!お得な攻略情報をお届けします!
スポンサーリンク


20191105-1900_503589079

■2019/11/8 表現を訂正、追記しました。

※まず初めに、レグナード5に挑戦する方にはぜひとも読んでほしい解説があります。きゅうさん、という方がまとめていただいた、レグナードの行動パターンについてです。本当に詳しいですので、レグナード5に挑戦する方はぜひとも読んでいただきたいです。ただ詳しすぎて、すべて覚えることはなかなか難しいかと思いますので、筆者はどの辺まで覚えてやっていたかなどは、後程お伝えします。

レグナード 行動パターン きゅうさんのnote

※もう一つ、全レグナード挑戦者がお世話になったと思われる、重さチェッカーさんのサイトへのリンクは以下となります。本当に助かりました!公式化してほしいくらいですね・・・。

ドラクエ10 重さチェッカーさんのサイトリンクです

また重さについての解説記事は、過去に書いた記事ですが、以下のリンクになります。

ドラクエ10 重さについての各段階の解説


レグナード5ですが、なんとか11/4の夜1時くらいに勝つことができましたー!!パラ魔戦魔法2構成で、魔法戦士での参加でした。本当に一緒に行ってくれたフレさん達に大感謝です!!本当になかなかしぶとく、強い敵でした。討伐までにかかった時間としては、トータル18時間程でした。まだ魔法戦士でしか倒してはいませんが、レグナード4までは初期のころにパラディン、僧侶、魔法使いでも倒していますので、今回のフレさん達の動きを見た上で、全体的な攻略のポイントを書いていきたいと思います。

まず今回レグナード5に挑む方達には、ぜひとも以下のことを認識しておいてほしいです!

※レグナード5は生半可な装備では、勝つことが不可能に近いので、しっかりと装備、宝珠、スキルなどを準備してから、本気で挑戦しましょう!!

上記のことをぜひとも肝に銘じておきましょう。なにせレグナード5はhpが66万ほどあり、レグナード4の約4倍です。このhpを削りきるためには、まず大前提として魔法使いの火力が理論値付近になっている必要があります。(もちろん厳密に計算はしていないので、多少火力がなくてもいける可能性はあります)例えば炎ベルトがない、智謀の首飾りの炎合成がない、メラギラ宝珠がない、などという魔法使いが一人でも混じるともうほぼ勝てないと思います。それくらいシビアなボスです。まずは装備、宝珠などをしっかり準備してから、本気で挑みましょう!


◆各職業の装備、宝珠、スキルなどの準備について

※筆者はまだ魔法戦士のみで討伐しているだけですので、他の職業はフレさんの装備を参考にしています。そのため詳細は不明なことはご了承ください。

※レグナード5の重さについては、互角が1104、押し勝ちが1363、押し無し劣勢が1472、完封が1534(重さチェッカーさんより)、となっています。パラディンは互角の1104以上は絶対に必要です。魔法戦士と合わせて、理想は弓装備でも完封の重さとなります。弓で難しくても、どうにか剣盾の時に完封の重さにしたいところです。押す速度が押し勝ちとは段違いに違います!また弓で完封にはいかなくても、押し無し劣勢の重さにはできるとよいかなと思います。押し無し劣勢でも押すスピードは早くなります。


1、パラディン
※ブレスが大防御でミスになる30%程度と、互角になる重さ1104以上がまずは必須です。他に麻痺と封印も100%欲しいです。

・武器
ディープブルー。やはり重さが一番なので、基本的にはこれでよいかと思います。

・盾
魔界の大盾。ブレス、吹っ飛びガードも基礎効果にあるため、こちらがベストになるかと思います。

・防具
魔法戦士との重さの兼ね合いにもなりますが、ヴァルハラセットかシュバリエセットになるかと思います。魔法使いの剣盾装備の際に完封レベルの重さがあれば、どちらでもよいのかなと思います。

◎体上の錬金について
・結論から言えば、重さが最優先だと考えます。少なくても剣盾で完封にできていれば、壁ドンが楽にできますので、非常に有効です!

ブレスを盛って60%以上にする考えと、重さを盛る考えがあるかと思います。筆者としては、これはどちらが絶対、というわけではなく、魔法戦士との重さの兼ね合いになる、ということになります。ブレスを盛っても剣盾で完封に行ければ大丈夫だと思います。ただブレスを盛って重さを犠牲にして、剣盾でも完封にいけないのであれば、重さ優先にすべきです。いずれにしても各ptで魔法戦士との重さで考えるべきであり、どちらが絶対にいい、とは断言できません。ただ重さ錬金はバザーだと非常に高いですし、ゼルメアの運も必要にはなります。どちらも難しい場合はブレスにはなるかとは思います。

・アクセサリ
魔法戦士との重さとの兼ね合いで、重さアクセを装備していきましょう。その他装備は、風雷のいんろう雷29%となります。合成は基本的にはhpと重さになるかと思います。首はぜひともきんのロザリオにしておきたいところです。

・宝珠
大防御宝珠は絶対に必須となります。他に各種ステータスアップ宝珠、逆境のみかわし、果て無きヘビーチャージなどのパラ専用光宝珠、ふっとびガード、はどうガード宝珠、雷耐性、ブレス耐性などとなります。ちなみにふっとびガード宝珠は風宝珠となるので注意です。

・スキル
不動のかまえ、アイギスの守りは、絶対にⅢの段階が必要です。ハンマーはほぼ攻撃はしないため、ある程度は好みでよいのかなと思います。終盤、もうごり押しする時用に、ヤリか剣をサブで持っておくのもありかと思います。

・料理
魔法戦士との重さの兼ね合いで、タンクハンバーグかストームタルトになるかなと思います。


2、魔法使い
※魔法使いは今回は非常に装備がまずは重要です!攻撃魔力、炎呪文アップの数値が理論値に近くないと討伐が非常に現時点は難しくなります。炎ベルトなし、智謀の首飾り完成していない、ソポスセットじゃない、などの方はまず勝つことは不可能だと思いますので、まずは準備を整えてから挑みましょう!

※必要スペックの目安としては以下の通りです。
・攻撃魔力999(メラゾーマのダメージに与える影響がマックスとなるため)
・ソポスセット(炎ダメージ5%アップがあるため)
・きようさ517以上(超暴走魔方陣上で100%暴走する値)
・死神のピアス呪文ダメージ理論値(攻撃魔力999では、メラゾーマキャップのため)
・メラギラ系、ヒャド系、魔力覚醒の瞬き、果て無き早読みの杖、気まぐれの追撃、奇跡の会心攻撃、会心錬磨、果て無き攻撃呪文威力アップ、雷耐性、メラゾーマ瞬き、メラガイアー瞬き、マヒャデドス瞬き、などの各種宝珠
・炎ベルト13%(実際はこれ以下でも行けるとは思いますが、野良でも普通に13%多いと思いますので、ぜひ頑張ってみましょう!運も必要ではありますが・・・)

緑玉をみても、普通に上記のスペックの魔法使いさんがゴロゴロいます。野良で行く方にとっても、上記の装備は必須レベルになるのかと思います。

・武器
天恵石の杖、黄昏の魔杖、ミネルバの聖杖、と3種の杖が候補に挙がります。上記スペックを満たすのであれば、好みになってくるのかなと思います。個人的には追撃確率アップする黄昏の魔杖でよいのかなと思います。天恵石の杖はバザーでも少ないため、ミネルバの聖杖でよいのかなとも思います。

・防具
これはもうソポスセットしかありません!ソポス以外で挑むのは無謀すぎます。耐性は頭で麻痺100にしておき、あとはアクセとの兼ね合いですが、攻撃魔力が999になるようにしましょう。体上に雷をつけて攻撃魔力999にすることが理想に近いのかなと思います。足は魔法戦士がタゲの時に押せるように、重さ259が達成できるのであれば、重さ錬金もいいのかなと思います。

・アクセサリ
死神のピアス(呪文ダメージアップ)、智謀の首飾り(炎ダメージアップ)、セルケトのアンク(攻撃魔力)、戦陣のベルト(炎ベルト13や炎と氷の複合ベルト)、不思議のカード(攻撃魔力、素早さ、きようさ、hpなど。冒頭のスペックになるように調整する)、風雷のいんろう(hp素早さがベストになるかと思います)、はじまりの紋章(hpでよいと思います)、魔法使いの証(普通にこれでよいのかなと思います)

・宝珠
メラギラ系、ヒャド系、魔力覚醒の瞬き、果て無き早読みの杖、気まぐれの追撃、奇跡の会心攻撃、会心錬磨、果て無き攻撃呪文威力アップ、雷耐性、メラゾーマ瞬き、メラガイアー瞬き、マヒャデドス瞬き、などの各種宝珠は、必須です!他に各種ステータスアップ宝珠など。

・スキル
攻撃魔力が999を装備だけで達成できているのであれば、ヒャド系アップを入れましょう。ぶきみな閃光、活名の杖は使わないのではずしておきましょう。

・料理
ストームタルトで基本良いと思います。

3、魔法戦士
※討伐時のステータス
剣盾で攻撃力584、重さ381。弓で攻撃力598、重さ346。hpは611、雷耐性35%、麻痺100%
封印80%、ブレス61%(盾装備時)

※実際の討伐時の装備を紹介しています。

・武器
邪紋のつるぎ、攻撃錬金20、イルミンズールの弓、ルカニヘナトス4%会心率0.6%(防衛軍産)。ただレグナード5はかなりフォースブレイク必中の攻撃力が高めになるようなので、最新の呪印のつるぎが良いかと思います。

・盾
魔界の大盾、ブレス26%。盾については、パラディンとの重さ計算により、重装兵の大盾で完封にできるのであれば、重装兵の大盾がベストになります。ただ重装兵の大盾では完封状態にできなく、かつ魔界の大盾ならば完封にできるのであれば、魔界の大盾でよいかと思います。通常時に完封時にできていた方が確実に良いかと思います。

・防具
頭:大怪傑のはちまき 混乱100%封印60%。体下と合わせて麻痺は100%必須、封印もできれば100%だとよいと思います。
体上:まほうのよろい上 ブレス34%。これは大怪傑などの重さ錬金があれば、そちらがベストになります。お金があれば、まほうのよろい重さ錬金でもよいです。
体下:まほうのよろい下 麻痺100%封印20%
腕:まほうのこて 呪文発動速度18%。昔の僧侶装備の流用ですが、会心率の方が良いかと思います。
足:まほうのグリーブ 重さ45。重さ積めればもっと良いかと思います。

筆者はブレス60以上にしていましたが、魔法戦士については、重さが最優先となります。少なくてもパラディンの最低限の重さである1104に押し勝ちに必要な重さの259以上は必須です。ただ押し勝ちだけの段階では非常に厳しいので、剣盾で完封の重さはぜひとも欲しいです。弓はパラさんも相当重さがないと難しいので、押し無し劣勢を目指すことが現実的かなと思います。

・アクセサリ
頭:悪霊の仮面 重さ6
首:忠誠のチョーカー 攻撃力20
指:武刃将軍のゆびわ 行動時バイシオン理論値、攻撃力2伝承
胸:オシリスのアンク 重さ8
腰:剛勇のベルト 重さ7 重さ4伝承
札:不思議のカード hp攻撃力重さ
その他:風雷のいんろう hp重さ理論値、雷3%伝承
紋章:はじまりの紋章 hp理論値
証:魔人の勲章 重さ6

アクセサリについては、パラディンとの重さにより調節していきます。剣盾で完封できるようにして、あとは攻撃力を重視しています。フォースブレイクがミスばかりでも厳しいので、剣で攻撃力570以上はあるとよい感じです。584でも、討伐時2回ミスっています・・・。ただ584であれば、体感9割くらいはフォースブレイク成功しています。

・宝珠
炎宝珠:不屈の闘志、武神の豪腕、鋼鉄の肉体、韋駄天の足、神業の手、ふんばり魂、会心錬磨、先見の眼、鉄壁のはどうガード、鉄壁の雷耐性、鉄壁のブレス耐性

水宝珠:始まりの重さダウン・チャージタイム・移動速度アップ・ぶきみなひかり、不滅のテンション・攻撃力・攻撃呪文威力、復活のhp回復量アップ、逆襲のみかわしアップ、

風宝珠:奇跡の会心攻撃、打たれ名人、復讐のテンションアップ・バイシオン・早読みの杖・聖女の守り、共鳴のテンションアップ、鉄壁の吹っ飛びガード、禁断のちからアップ、バイキルト系呪文の瞬き

光宝珠:マジックルーレットの閃き、マジックルーレットの戦域、フォースブレイクの技巧と極意

闇宝珠:はやぶさ斬り、超はやぶさ斬り、不死鳥天舞、ギガブレイク、弓聖の守り星、ロストスナイプ、さみだれうち、ダークネスショット、シャイニングボウ

これが実際に討伐時に装備していた宝珠です。復讐系については、どのみち死んでばかりでは勝てないので、復讐のテンションアップやバイシオンは、はずして果て無き攻撃力アップなどをつけた方が良いかなと思います。

・スキル
片手剣:160アルテマソード 170武器ガード率 180不死鳥天舞 190攻撃力 200会心率
弓:160サンライトアロー 170ロストスナイプ 180弓聖の守り星 190攻撃力 200会心率
フォース:160ターン消費なし 170特技のダメージ 180クロックチャージ
盾:160守備力 170mp 180アイギスの守り 190まもりのたて 200瀕死時みかわし

スキルについてもレグナードに特化しておいた方が良いかと思います。まもりのたてもかなり有効なためスキルに入れてあります。また攻撃力も大事となるため剣と弓いずれにも最大効果が得られるようにしています。

・料理
料理は基本的にはタンクハンバーグでよいかと思います。重さが足りているのであれば、攻撃力のバトルステーキ、ストームタルトなども候補になるかと思います。


◆各職の動きについて(魔法戦士を中心に)

※筆者はまだ魔法戦士でしか討伐していないため、パラディンと魔法使いについては、他の方の動きを見ての説明となります。ただレグナード4の僧侶が補助壁をしていた初期に魔法使いとパラディンで討伐していますので、その経験も生かしての説明となります。

まずレグナード5に勝つためには、以下のことが要するに必要になるかなと思いました!

◎レグナードをマップの端まで押し込むこと(俗に言う壁ドン)と、黄色以降の咆哮管理ができることが勝つためのポイントです!!

マップの端まで押し込むことで、後ろに広大なスペースが生まれます。それにより様々な利点が出てきます。それと黄色以降の咆哮管理ができることで安定につながります。ぜひとも壁ドンと咆哮管理を意識してみましょう!また冒頭の、きゅうさんのきゅうノートを読み込んで、覚えるほど安定にもつながるかと思います。

◎フワフワわたあめは、魔法使いと魔法戦士が使うことは必須です!バトルに入る前にまず使っておき、5分経過後以降に再度絶対に使っておきましょう!効果時間15分のため、黄色以降の一番大事な時に切れてしまいます。そこで怒り時にスイング食らって死ぬと非常につらいです。


1、パラディン
・相撲に基本的に集中する
・魔法戦士と共にとにかく押し込んで、壁ドン維持が理想
・怒って無い時でターン開始を迎えたときは、大防御を基本的にする
・黄色以降はできる限り、まもりのたてを維持する
・ヘビーチャージが咆哮を食らっている時に切れないように、黄色以降は特に気を付ける
・基本的には攻撃特技を使うなど余計なことはしない
・魔法戦士が補助壁にいる時にできれば特技を使う(壁があまり下がらないため)。ただ補助壁が離れるのが早すぎる場合は無理になります。

パラさんを見た感じでは上記のようなことを行っていました。基本的にはレグ4と行動パターンは変わらないようなので、レグ4をパラディンでよくやっていた方(特にアイギスなどもない初期の頃)にとっては、慣れているかと思います。パラディンは基本的には相撲をすることが第一の役割となります。堅陣、アイギスの守り、ファランクスを駆使して、エンド攻撃をしのいでいきます。秒数か歩数で大防御をするタイミングを覚えましょう。見ている感じでは、基本的には攻撃など余計なことをしないで、相撲に集中することでよいのかなと思います。攻撃で怒ることもあるので、パラディン怒りによりすぐ死ぬ可能性もあります。咆哮押しについては、できる場面であれば積極的に狙っていきましょう。相撲中に怒った場合は、すぐに押しを解除しないとまず押し反撃を食らってしまいます。なかなか難しくはありますが・・・。あと体感ではありますが、以前よりまもりのたての成功率が上がっているような気もします。今回はまもりのたてで咆哮を食らわなければ、かなりメリットがあるので、ぜひ黄色以降はまもりのたてを維持しておきましょう。また極力死なないように動けることがやはり大事になってきます。

※筆者がレグナード4でパラディンをやっていた際に、覚えていた知識
・激怒中は、常にエンド行動に通常攻撃が選択肢に入るため、エンド大防御を徹底する
・hp75%以降の怒り時は、基本的にエンド行動に通常攻撃は、なし
・怒り時にテールスイングの場合は、テールスイングかはげしいおたけびの2択
・怒り時に雷の場合は、雷かはげしいおたけびの2択

上記のような知識は体感として持っていました。きゅうさんのノートやレグナードの攻略本を確認してみたところ、おおむねあっていました。レグナード5でも、行動パターンは変わらないかと思いますので、お役に立てればと思います。


2、魔法使い
・火力に特化したスペックを用意する
・とにかく攻撃しまくる
・フォースブレイクに合わせて、メラガイアー、マヒャデドスを使う
・災禍の陣、霊脈魔方陣も適宜使う。その際にタゲ判断に気を付ける。
・ウイングダイブが使われるケースを覚えておき、避けられるようにし、ダイブが来ない場面では、ガンガン攻撃する
・テールスイングには一度たりとも当たってはだめ
・絶対にフワフワわたあめを使う。5分経過後くらいに再度必ず使う。使い忘れて黄色以降の怒り時にスイング当たると最悪である。
・常にジャンプしながら行動する!そうすれば咆哮のすぐあとのスイングも回避可能!
・咆哮を管理することを意識する(例えば押し込まれて後ろにスペースがなく、相撲中に攻撃して怒らせたら、高確率で壊滅します)
・黄色以降の最初のターンを怒らないで迎えた際は、次の行動がほぼ確実に咆哮なので、後ろに下がって避ける(スペースがないと無理ではあります)
・咆哮の範囲は約20mほどなので、メラゾーマの最大射程は約15m程度のため、最大射程より少し下がることで回避可能です。(コメントにて指摘していただきました。ありがとうございました!)黄色以降は交互に魔法使いが攻撃することで、片方の魔法は確実に咆哮を避けることも可能なので、有効な方法です。
・怒りをもらった際には、死んではだめ!特に黄色以降に怒りをもらったのに死ぬ魔法使いでは、まずもって勝てません!

魔法使いはとにかく火力を出すことを意識します。様子見して手数が少ないとまずもって勝てません。ウイングダイブに頻繁に当たるようでは、もうダメです。テールスイングに関しては、一度たりとも当たってはダメなレベルです。フワフワわたあめを必ず使いましょう。またフォースブレイクに合わせてメラガイアー、マヒャデドスをできる限り使うことも大切です。咆哮については、ぜひともどの場面で咆哮起きたらやばいか、ということを常に考えておきましょう。後ろにスペースがなく、相撲中で攻撃して怒らせてしまったら、パラさんもまずもって咆哮押しはできないので、まもりのたてが発動しない限りは、ほぼ壊滅してしまいます。そういう時は、ひとまず攻撃は待って、態勢を立て直した方が結果的には火力維持につながります。もちろんもう時間無い時は、イチかバチかゴリ押しするしかない場面はあります。


◎ウイングダイブを使わないケース
・hpが25%減るまでの怒り時の行動(スイングを使い始める前の段階で、怒り時にはエンド行動以外では使わない)
・hp黄色以降のエンド行動(怒り時、通常時関係なく、エンド行動では使わないです。)。そのため一番怖い黄色時の怒りではエンドにダイブがまずもってこないため、黄色以降の怒り時は、ガンガン攻撃できます。

◎hpが75%~50%の時の怒り時に、エンド行動がテールスイングだった場合は、テールスイングかはげしいおたけびしかエンド行動がありません。従って、その場合は魔法使いはエンドのウイングダイブを気にせずにガンガン攻撃することができます!これも絶対に覚えておきましょう!ここで手数が少ないと厳しいです。

※一番怖い黄色以降の怒り時は、ウイングダイブはターンスタート時のみに使ってきます。そのためエンド行動後にすぐに攻撃してしまうと次がダイブの場合に被弾する可能性が高いです。一呼吸おく癖をつけましょう!

きゅうさんのノートをしっかり読み込むことが一番ですが、最低限、ウイングダイブを使われる場合は確実に覚えておきましょう。

3、魔法戦士
※魔法戦士についてはかなりやることが幅広く、各個人で行動の優先順位も違うかと思います。今回の動き方は筆者のやり方になりますので、一つのやり方と思っていただけたらと思います。

魔法戦士で討伐してみて思ったことは、魔法戦士が一番行動の選択肢が多く、状況判断が必要になってくるかと思います。難易度は高めなのかなと思います。筆者の行動を箇条書きにすると以下の通りです。

・タゲ判断を毎回して、基本的に補助壁をして壁ドンを維持する
・フォースブレイクを遅れずに使うように最優先する

・クロックチャージをpt全員にいきわたるように維持する
・ピオリム2段階を維持する(クロックチャージで更新していました)
・バイキルト時に確実にフォースブレイクをする
・hp75%以降は、弓聖の守り星の維持に気を付ける

・魔戦が怒られるのを防ぐために、フォースブレイク以外は非怒り時に攻撃しない(ゴリ押ししなくてはいけない場面は、するしかないですが・・・)
・剣と弓を適宜持ち替えて行動する
・黄色以降はできるだけまもりのたてを維持する
・黄色以降の非怒り時は、壁ドンになっていれば、怒り即咆哮を避けるために、後ろに下がっておく
・回復は、せかいじゅのしずくを惜しまず使う
・逃げられない位置で怒り咆哮が来た場合、ジャンプしつつ弓ならば武器チェンジボタンを押しましょう!間に合えば剣盾になり、重し効果が高くなります!

箇条書きにすると以上のようになります。それでは詳しくポイントを書いていこうと思います。

①タゲ判断を確実に行う!
魔法戦士をする上で必須のスキルです。タゲ判断を即座に行い、タゲでなければ基本的に補助壁に向かいます。ただ黄色以降の非怒り時や壁ドンを維持できている場合などは、別の行動をすることはあります。タゲ判断を間違えてタゲの時に近づくと壊滅原因になりえます。しかも一度間違えるだけで非常に大変なことになります。100%に近い精度でタゲ判断をできるように練習しましょう。少し横に動いて、自分の方を向いていればタゲになっている、と判断できます。

②補助壁をしてパラディンと一緒に押し込む!その際にパラディンが特技を使った際は、押すのをやめる!
タゲ判断を行って自分タゲでなければ、基本的にはパラディンと一緒に押します。壁ドンだとしても一緒に相撲することで壁が下がることを防ぐことができます。その際にパラディンが行動した際に、魔法戦士が押していると魔法戦士に軸が移ってしまい、壁が下がったり、抜けたりする原因となります。パラディンが行動する際は押さないようにしましょう。

③補助壁中に行動する時は、パラディンが押していない時に押しながらコマンドを使わないようにしましょう!軸が魔法戦に移ってしまい、押されたり抜けたりする場合があるためです!
補助壁中に、押しながらコマンド選択かつパラディンが押していない時は、魔法戦士に軸が移ることになり、より押されたり、壁が抜けたりする危険があります。常にパラディンが押している状態かどうかは、確認しつつ行動するようにしましょう。

④補助壁から離れる際は、11~12歩目くらいが目安です!ツッコミよけも有効です!その際に相撲状態を解除してから離れましょう!(魔戦に軸が移ることを防ぐため)
補助壁から離れる際は、筆者は歩数を目安にしていました。14歩目あたりでエンド行動があるので、その攻撃はどうにか避けたいところです。その際に、前項でも説明しましたが押したままツッコミよけをすると軸が移ることもあるので、一度相撲状態を解除するようにしましょう!パラディンが大防御する時に押している状態だと魔法戦士に軸が移る可能性が高いためです。

⑤フォースブレイクを出し惜しみしないで、チャージタイムを無駄にしないように使いましょう!
フォースブレイク状態をできる限り多くして、火力アップすることが討伐には必須です。フォースブレイクの回数がそもそも少ないようでは全くダメです。またフォースブレイクを出し惜しみすることもだめです。なぜならばフォースブレイクはチャージタイムがあるので、おのずと20分で使える回数は限られてきます。魔法使いが2人とも死んでいるなど壊滅状態でなければ、惜しまず使うべきです。例えば30秒遅れることが2回続くと、1回分損することになります。それが積み重なるとかなりの火力低下になってしまいます。

⑥クロックチャージを維持しておきましょう!(チャージタイム短縮効果は5分間)
クロックチャージをすることでピオリム2段階はもちろん、チャージタイムスキルの短縮につながります。これにより魔法使い、魔法戦士の火力アップはもちろん、パラディンのスキル回しが楽になることにもつながります。討伐には必須の行動となります。ピオリムで更新する人もいると思いますが、筆者はもうチャージタイム短縮まで考えることも大変なので、クロックチャージで更新することにしていました。

⑦フォースブレイク使用時にはバイキルト状態になっているか、必ず確認しましょう!また適宜更新しておきましょう!
筆者もよくやっていたミスですが、バイキルト状態でないのにフォースブレイクを使ってしまうことがありました。これをやってしまうとまずミスになるため、非常にもったいないです。バイキルトでも筆者の攻撃力ではミスすることは少しあるのですが、584あればほぼミスしなくなりました。急ぐ気持ちはありますが、バイキルトかかっているか不安な場合は、確認してから使うようにしましょう。ミスが確定してしまうことが非常にきついです。

⑧ptが安定している場合かつ怒っている時は、積極的に剣で攻撃していきましょう!マダンテも有効です!
ptが安定していて他にやることがなく、誰かに怒っている時は、積極的に攻撃していきましょう!積み重なるとなかなかの火力貢献になります。また動画では一切使っていなく忘れていましたが、マダンテも有効な攻撃です。フォースブレイク、マジックルーレットと組み合わせるとなかなかの火力になります。

⑨弓聖の守り星は、hp75%以降は常に維持しておきましょう!
ptの壊滅原因の一つに、感電があります。一度でも感電してしまうと、それだけで全滅する可能性が高いです。他の行動をしたい気持ちはよくわかりますが、弓聖は必ずみんなに常時かかっている状態にしましょう。特に非怒り時や怒り時の雷を使うパターンの場合は、要注意です。

⑩黄色以降は、できる限りまもりのたてを維持する!
今回は非常に時間的にも厳しいので、安定させるために咆哮をまもりのたてで防げると非常に強いです。できる限り、まもりのたてを維持しておくようにしましょう。

⑪黄色になりそうな時(時間にして10分前後)は、最初の竜の咆哮を避けるために、壁ドンレベルが理想です!
黄色になって最初の竜の咆哮を4人食らってしまうようなptの場合は、討伐は難しいと言わざるを得ません(黄色怒り即咆哮を除く)。もちろん補助壁中に黄色になって、しかもその後すぐ怒ってしまうことで魔法戦士も回避はできない場面はあります。またそもそも後ろにスペースがないため、避けられないケースもあります。そのためにもぜひとも黄色の直前は壁ドンができるように押し込んでおきましょう!それによりかなりその後展開が楽になってきます。

⑫黄色以降の非怒り時で、壁ドンレベルならば、いつ怒り咆哮が来てもいいように、魔法戦士は後ろに下がっておくとよいです!(動画ではできていませんが・・・)
討伐時の動きではできていなかったと思いますが、黄色以降の非怒り時で壁ドンレベルならば、魔法戦士は後ろにあらかじめ下がっておくことで怒り即咆哮を避けることも可能となります。ただ氷池や炎池をはかれてスペースがないなどの場合は、難しくはなります。

⑬黄色以降の非怒り時でエンド行動後、炎池や氷池のあとは咆哮がくる可能性があるので、後ろにスペースがあるのであれば、回避できる位置に逃げておきましょう!
怒り時にパラディンが押せないことを考えて、魔法使いの前に位置しておく作戦もありますが、咆哮後の魔法戦士タゲかつパラディンが咆哮押しできていない場合は、壊滅する可能性がでてきます。魔法タゲの場合は咆哮押しできない場合の重しにはなりますが・・・。やはりベストとしては、咆哮をそもそも避けることが一番です。

⑭咆哮時にパラディンが咆哮押しができなかった際に壁に入る場合、押して軸が移ることは避けましょう。軸が魔法戦士に移った場合は押すことで遅らせることができます!
咆哮時にパラディンが押していなかった場合に押されてきますが、その際に魔法戦士が壁に入る場合に押してしまうと軸が移ってしまいます。その場合はもう押すしかありません。それにより再度進行を遅らせることができます。

⑮パラディンのだいぼうぎょに合わせて、バフを使わないようにする!
現段階では、パラディンのだいぼうぎょに合わせて補助効果の特技を使うと、だいぼうぎょをすぐ解除できなくなるようです。それによりスイングを食らったりしてしまうため、タイミングをずらすようにしましょう。

・緑玉では魔法戦士が、絶望的に少ないようです。装備もそうですが、アイテム負担もあるからなのかなと思います。しずくぶっぱが基本になるため、ぜひとも割り勘や事前にある程度渡しておくようにすると魔法戦士さんもうれしいかなと思います。


◎きゅうさんのノートの知識について
筆者も討伐時は、すべては覚えきれていません。魔法使いの項で説明したように、ウイングダイブやエンド行動のスイングを使うモード、雷を使うモードの区別、咆哮を使うケース程度でした。その中で、hp75%突入時に怒っている時、偽怒り、と言われる状態は、怒りを解除するようにはしていました。また怒り時に6ターン経過前にロストアタックすることも試みましたが、動画ではできなかったです。忙しいため、なかなか難しいですが、意識してやると非常に有効かと思います。きゅうさんのノートを覚えれば覚えるほど、倒しやすくなることは間違いないです。ただ非常に内容が濃いためなかなか難しいかと思います。最低限、以下のことは筆者としては覚えておくとよいのかなと思います。

・ウイングダイブを使う時を覚える
・hp75%以降の怒り時に、エンド行動にウイングダイブはまずこない。
・黄色以降、氷池や炎池を使った際は、その後高確率で咆哮がくる(詳しい解説はきゅうさんのノート参照)
・怒り時のエンド行動にスイングを使った際は、その後のエンド行動に雷はまずこない。その逆に雷を使った際は、スイングはまずこない。
・黄色以降の怒り時にウイングダイブはエンド行動ではない。ターンスタート時にはウイングダイブ使う場合があるので、怒られた人は絶対に回避する。


レグナード4をやっていた時から筆者は以上のことは認識してやっていました。最低限上記のことを理解しておくだけでも、だいぶ違うかと思います。



◆レグナード5 魔法戦士視点 パラ魔戦魔法2構成討伐動画!



・討伐タイムは18分1秒です。
・筆者もミスは多いのですが、上手いptメンバーに非常に助けられました!
・補助壁から抜けるタイミング、行動の優先順位など参考になればと思います。


◆まとめ

非常に長くなりましたが、レグナード5についての攻略のポイントは以上となります。レグナードは他のボスと違って、事前の装備などの準備、行動パターンの知識も非常に重要となるボスです。何も知らずにやるのと、知識を覚えてからでは難易度はかなり違ってきます。なにしろhpが非常に多いため、きゅうさんのノートをぜひとも確認していただけたらと思います。本当に詳しくてすごすぎます。




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。


このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

スポンサーリンク

 


20191031-1908_502778339

※今回の記事は、バトマス2僧侶2構成を対象としていますが、他の構成でも応用できると思います。最後に動画のリンクもありますので、ぜひご覧ください!

前回の僧侶キメラバトマス2構成に続き、今度は肉4構成でもある僧侶2バトマス2構成、僧侶参加で討伐することができました!しかも、せかいじゅのしずく使用は全くなしの0!、を達成もできました。キメラ構成でも感じていましたが、今回のダークキング5においては、バト2構成でテンプレは決まりでよいと考えています。なにせ今回は僧侶さんとバトマスさんの称号戦でもあるのに、驚きの初戦での討伐達成です!!安定感も抜群ですし、アイテム消費も少ないので、本当にお勧めできる構成です。後程、どうぐ僧侶1構成との比較についても記載します。

・前回のキメラ僧侶バトマス2の攻略記事は以下のリンクからどうぞ!
ダークキング5 キメラバトマス2僧侶構成での攻略のポイント!


◆各職業の装備などの準備について


※装備などの準備については各職業とも、前回のキメラ構成とほぼ一緒となっております。記載も前回とほぼ一緒です。詳細は前回の記事をご覧ください。

◎バトマスさんは今回は2人ともレギオンセットです。また一人は確か忠誠のチョーカーで攻撃的にいっていました。聖女を維持できるのであれば、一人は攻撃的に行くこともありかと思います。またもう一人の僧侶さんは、ソポスセットでした。ソポスは現状基礎効果が一番高いですし、毒耐性があればベストに近いかと思います。スティックは同じくルネッサンスステッキです。

◎再度述べますが、闇耐性100%や風耐性100%なんてなくても、全く問題なく勝てます!動き方を練習することで、安定して倒せるようになります。現に筆者たちのptでは闇100、風100なんて人は1人もいませんが、せかいじゅのしずく使用なしでクリアできるくらい、安定していました。


◆各職業の動き方のポイント


・バトルマスター

※キメラ構成との大きな違いは、僧侶2構成となることで、ある程度強気に攻撃できることです。僧侶さんを信じて、攻撃できる場面ではガンガン攻撃しましょう!!

1、基本的には捨て身して、天下無双することです!
バトマスは本当にシンプルとなります。無駄にテンションバーン、ミラクルブースト、テンションブーストなどは使わないようにして、基本的に捨て身した後は、天下無双です。ただ下がった時などにプラズマブレード、ミラクルブースト、テンションバーン、テンションブーストをやることもあります。テンションが上がった際は、全身全霊斬りは強いです。手数を出して、火力を出すことを意識しましょう!

2、やみのはどうは、できる限り避ける!
※キメラ構成と違って、僧侶がキラポンを使う余裕がでてきます。キラポンがあり、hpもはどう当たっても死なないときは、もうガンガン攻撃しましょう!その際にテンションバーンも使っておくとテンションも上がるため、非常に有効です!!

やみのはどうをよくくらっているようでは、かなり厳しいです。この構成ではどうぐ使いがいないので、プラズマリムーバーで治すことができません。攻撃力低下もそうですが、鈍足になることが非常にデメリットです。それにより取り残されてしまい、蘇生に向かう際にクリスタル地帯にいくことになったりして、大変危険になってしまいます。キラポンが無い時は、ぜひ避けられるように練習しましょう!以前書いたやみのはどうについての記事が以下になるので、参考にしてみてください。

3、壁をして、壁更新もしっかりとする!またその際、できる限りエンド離脱をする!(場合による)
特に僧侶タゲの際は攻撃の最大のチャンスでもあります。しっかりと壁と壁更新をして、エンドまでタゲを引っ張りましょう。またその際に、一人はエンド離脱できるとよいです。理想的には聖女がかかってるいるバトマスが残ります。ただもう壁の位置的にも逃げ切れない場合は、相打ち覚悟で天下無双してもいいかと思います。または時間的に厳しく、聖女もかかっている場合は、2人で攻撃し続ける場面も出てくるかと思います。

4、レーザーはできる限り避けましょう!
壁している時などレーザーを回避困難な状況はもちろんありますが、レーザーを食らいまくっていても厳しいです。ぜひともクリスタルの位置をある程度把握して、避けられるようにしましょう。レーザー回避のコツについては以下の記事からどうぞ!
ダークキング クリスタルのレーザー回避7つのコツについて!


5、せかいじゅの葉っぱ、せかいじゅのしずくは、大ピンチ時以外はむやみにつかわない!
※僧侶2構成となりますので、基本的に回復蘇生は僧侶に任せて、脳筋プレイでガンガン攻撃しましょう!逆に言えば、僧侶2が死にまくっていてバトマスが回復蘇生をしなければいけない場合は、まず勝てません。そういうptの場合は、まずは練習するようにしましょう!

けっこう見かけることが多いのですが、僧侶がちゃんと生きているのに、しずくとはっぱを多く使う火力職の方がいます。その方は、自分の役割をきちんと認識しましょう。時間制限があるバトルで火力は自分、という状況です。その火力職が攻撃しないと絶対に勝てません。回復蘇生は基本的に僧侶とキメラに任せて、大ピンチ時以外ははっぱとしずくを使う必要はありません!

6、クリスタルの召喚誘導をできる限りしましょう!
クリスタルは実は召喚する方向をある程度制御することが可能です。一番近い人に向かって基本的に召喚するようなので、ターン開始時に一番近い人が壁際(ダークキングの外側)にいることで、内側にクリスタルが召喚されることを防ぐことが可能となります。できない場面はもちろんありますが、ぜひ実践できるようにしましょう。

7、黄色以降の召喚後のタゲは、基本的にはエンドまで引っ張りましょう!(最適かどうかはまだ不明ですが、基本的にこの戦法でやっていました)
※僧侶2のため、後衛タゲの確率も必然的に増えます。ぜひともエンドまで引っ張るようにしましょう!2人で天下無双しまくれます!!

◎召喚後の対応について
召喚後のタゲをエンドまで引っ張るのか、途中で受けたり壁を外してタゲが一人受けする、など色々と方法があるかと思います。筆者はシャウトをバトマスが食らうこと前提かつ僧侶が避ける前提として、エンドまで引っ張ることでやっていました。また頻度は少ないようですが、召喚→通常攻撃など(プレス以外)→シャウト→プレス→テンペ、というパターンを見たこともあります。その場合は、途中受け、または壁外しして受ける場合に、シャウトをまとめて食らう危険性があります。なぜならシャウトがいつくるか、予測ができないためです。エンドまで引っ張る場合は、ほぼ確実にシャウトがくるため準備ができる利点はあります。どちらがいいのかまだ不明なため、各ptごとにやりやすい方法でよいかと思います。


黄色以降は召喚後は高確率でキングプレスです。今回は肉4のため、ぜひともエンドまで引っ張りましょう。(バトマスタゲの場合は、位置的に難しいとは思いますので無理な場合は一人で受けるようにしてみましょう)そうすることで攻撃する大きなチャンスとなります。エンドまで引っ張るとエンド行動にダークシャウトがくる場合が多いですが、これはもう食らっても仕方ないです。その分壁中に攻撃しまくれるので、結果的には攻撃回数は多いかと思います。

8、ダークテンペストはぜひ回避しましょう!
バトマスは基本前の方にいることが多いと思いますので、ダークテンペストは避けやすいと思います。僧侶は後ろにいたり見逃したり、クリスタルに邪魔されたりで、回避できない場面はでてきます。そこでバトマスも回避できないとすぐに全滅の可能性があります。ぜひ黄色以降のキングプレスはよく見ておき、回避できるようにしておきましょう。

9、黄色以降の召喚→キングプレス後のダークテンペストは確定ではないので、毎回すぐ近づくことは避けましょう!
ここが難しい場面ですが、召喚からのキングプレス後がダークテンペストじゃないときがあります。そのため少し様子をみる必要があります。ただテンペストのことももちろんあるため、近くにはいるようにしましょう。


2、僧侶
※今回は僧侶が2人いる構成のため、筆者たちは明確に役割を分けました。回復蘇生役と聖女、補助役です。筆者は今回回復と蘇生役を受け持ちました。タゲの時で役割を分ける場合もあるかと思いますが、行動の重なりを避けるために、基本的に役割を分けた方がやりやすいかと思います。もちろん一人が死んでいる時などは臨機応変に動く必要はあります。

※基本的には前回のキメラ構成の僧侶の動きとなります。前回の記事もご参照ください。

1、回復役僧侶は、回復を最優先しましょう!それと同時に聖女がはがれていた場合は、聖女役が聖女を使いましょう!
回復役の僧侶は、敵の攻撃とほぼ同時くらいに回復するようにしましょう。それと同時に聖女役の僧侶が聖女をすることで、バトマスが死ぬことを防ぐことが可能となり、戦線維持が可能となります。この連携がきっちりとできていると、本当にバトマスが死ぬことがほぼなくなり、火力が非常に出せます!ぜひこの連携ができるようにしましょう。

2、できるだけ天使の守りも各自維持しておきましょう!(特に黄色以降)
天使の守りも、余裕あるときにぜひしておきましょう。やはり不意のレーザー被弾などで死ぬことがあります。その際に天使がかかっていると、僧侶が2人いるためその一人が回復などすることですぐに立て直すことができます。特に黄色以降はシャウト被弾などでピンチになることが多いので、できるだけ天使は維持しておきましょう!

3、僧侶はあまり死んでいてはだめです!自己聖女も忘れずに!
この構成では、僧侶があまり死んでいてはきついです。僧侶が生きていることでバトマスに聖女、回復をすることができて、火力を出すことにもつながります。僧侶が死にまくっていて、バトマスが蘇生回復に忙しいptでは、さすがに勝利は困難です。不意のレーザー死を防ぐためにも、自己聖女も忘れずにしておきましょう。

4、補助、聖女役の僧侶は、できればキラポンをバトマスにしてあげましょう!
聖女が優先ではありますが、余裕があればキラポンをバトマスにしてあげましょう。やみのはどうの被弾した際のステータス低下防止もありますし、気にせず攻撃できるようになる利点もあります。ただあくまで余裕あるときでよいです。聖女の方が優先となります。

5、後衛タゲは最大のバトマスが攻撃できるチャンスなので、壁更新がバトマスだけでは困難な場合は、非タゲの僧侶も間に合うようならば壁に一時的に入りましょう!(レーザー地帯でエンド迎えそうな場合は、事前にいって壁外すか、途中で受けることも考慮となります)
後衛タゲは、この構成では非常によい状況ですので、ぜひともエンドまで引っ張って攻撃したいところです。その際にバトマスだけでは壁が維持できなさそうなときは、間に合うようであれば一時的に壁に入りましょう。壁に入るとエンド攻撃くらうようであれば、無理して入らなくもよいかと思います。

6、黄色以降は常にダークシャウトを警戒しておき、片方の僧侶はダークキングから常に距離をとっておきましょう!
バトマスの項でも述べましたが、今回は筆者たちはエンドまで召喚後でも引っ張るようにしていました。そのためシャウトがくる場面がある程度予測できます。2人の僧侶が同時にシャウトを受けてしまうと確実に大ピンチとなるため、必ず片方の僧侶はダークシャウトを食らわない位置をキープしておきましょう。もちろんエンド行動でなくても通常時でダークシャウトを使うので、常に距離感は意識しておきましょう。

7、僧侶が2人いるため、せかいじゅのしずくは本当に使用しなくてもよいです!(大ピン時はもちろん使用する場面はあると思います)
今回の動画を見てもらえばわかりますが、本当にせかいじゅのしずくを全く使用しなくても討伐できます。せっかく僧侶が2人いるのですから、せかいじゅのしずくを使う必要はありません。もしもせかいじゅのしずくを多く使わなくてはいけない場面になるのでしたら、どこかで動きがまだまだだと思います。もちろん誰でもミスはあるので、大ピンチ時には惜しまず使うべきではあります。ただやはりしずくの発動は遅いですし、それに頼っていてはおそらく遠からず壊滅するかと思います。祈りマラーなどでほぼ回復できる動き方ができるようになれば、おのずと討伐もできるようになるかと思います。


◆どうぐ使い入りの僧侶1構成とバトマス2僧侶2構成の比較

◎結論から言うと、筆者はまずは勝ちたいのであれば、バトマス2僧侶2構成を強くお勧めします!(バトマス2キメラ僧侶、バトマス2僧侶デスマスターなどもです)

バトマス2構成をお勧めする理由は以下の通りとなります。

1、戦士どうぐ使いバトマス僧侶、戦士どうぐ使い武闘家僧侶、武闘家2どうぐ使い僧侶、などの僧侶1構成は、難易度が高い上に、アイテム消費が多くなるため!
筆者はまだ僧侶1構成ではクリアしていません。10時間ほどはやりましたが、残り4分くらい赤がやっとでした。もちろん筆者の技量不足もありますが、その後のバトマス2での楽さに比べると、むしろ縛りプレイというか、難易度を上げていると感じます。確か最初に討伐報告があったptは戦士どうぐ使いヤリ武闘家僧侶だったかと思いますが、やはりそういう方々は元々非常に上手いこともあるので、勝てたとも言えます。4人ともきちんと動けないとまず勝てないですし、勝てたとしてもおそらくしずくなどのアイテム消費がすごいことになると思います。
また勝てないようなptや勝てるようなptでも場合によっては、しずく消費が非常に多くなくなるかと思います。ゴールドがたくさんある方にとっては大したことはないと思いますが、そういう人たちばかりでもないかと思います。やはり大多数の人にとっては、アイテム消費は少ない方が良いと思います。特に野良でどうぐ使い構成をやる場合は、割り勘や事前にアイテムを渡しておく方がいいと思います。どうぐ使いの負担が大変すぎます。

2、どうぐ使い僧侶1構成は、ガジェット時にある意味運ゲーとなるため!
どうぐ使い構成のキモは、強化ガジェットでのラッシュとなりますが、これはやってみるとある意味運ゲーです( ゚Д゚)真やいばと磁界シールドがあったとしても、キングプレス連発や黄色以降であればダークシャウトを使われたら、それで一網打尽にされる恐れがあります。もちろんうまいptであれば、ガジェットをそれほど使わなくても勝てるかと思いますが、そういうptであれば、バトマス2で十分に楽に勝てるかと思います。むしろ筆者はどうぐ使い僧侶1構成は、アイテム消費も多くなる傾向になりますし、タイムアタック向けなのかなと思います。

3、バトマス2僧侶2構成に運要素は特に必要ないため!
どうぐ使い僧侶1構成に対して、バトマス2僧侶2構成は、運要素はほぼありません。ガジェット運などは全く必要ないですし、的確に動いていくことで自然と倒せるようになります。まずはダークキング5に勝ちたい方は、ぜひともバトマス2構成をお勧めします!ちなみに今回の動画では黄色13分で突入してるので、そのペースで黄色以降もいけたら14分くらいでも倒せる計算にはなります。十分な速さでもあるかと思います。

4、バトマス2構成は、どうぐ使い僧侶1構成に比べれば、動きの難易度は低いため!
筆者の個人的な感想ではありますが、動きの難易度的にもどうぐ使い僧侶1構成に比べて、難易度は低いと思います。僧侶1構成ではやはり回復役が一人のため、一人一人がミスを少なくしなければなかなかうまくいきません。バトマス2構成では、役割が単純ですし、バトマスが死んでもすぐに火力に復帰することもできます。その意味でも野良ptでもおすすめかなと思います。


◆ダークキング5 せかいじゅのしずく使用なし! バトマス2僧侶2構成動画!



・タイムは、17分44秒です。
・せかいじゅのしずくの使用は、全くなく、ゼロです!
・僧侶さんとバトマスさんが未討伐の方ですが、このptで初戦で討伐できています。
・筆者はバトマス2僧侶2構成で挑むバトルがほんとに初戦でしたが、皆さんのおかげもあり、初戦でせかいじゅのしずく使用なし、で討伐できています。それほど安定してできる構成です!
・使用アイテムの概算は、エルフの飲み薬2個、せいれいの霊薬3個、世界樹の葉っぱ4個くらいとなっています。


◆まとめ

今回はバトマス2僧侶2構成での攻略ポイントを書いてみました。本当にお勧めできる構成なので、ぜひこの構成で挑戦してみてください!まだやっていないですが、おそらくデスマスターもすごく良いかと思います。キメラでも十分倒すことができます。どうぐ使い僧侶1構成も、動き的には楽しいことはありますが、まずは勝ちたい場合は、バトマス2構成が良いのかなと思います!




ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


20170220-2100_368551893

※今回の記事は、キメラバトマス2僧侶構成を対象とした記事ですが、他の構成でも応用できるかと思います。討伐動画のリンクもあります。

バージョン5になり、一気に常闇の強さ5が3種のボスに実装されました。その中でも、筆者はまずはダークキング5に挑むことにしました。初日から挑んでいましたが、黄色は初日に達成することはできました。ただ黄色以降の難易度が非常に上がっており、なかなか赤にもすることが難しかったです。2日目にはなんとか残り2分赤はいけましたが、なかなか討伐は難しいと感じていました。構成は戦士2どうぐ使い僧侶→戦士バトマスどうぐ使い僧侶→戦士ヤリ武闘家どうぐ使い僧侶、といったザオ1構成で挑んでいました。

その後、10/26になって、画期的な構成での討伐報告を見かけました!それはキメラバトマス2僧侶構成、でした。僧侶での参加です。確かに理にかなっているとも思い、早速昨日の10/27にいつものフレさんと挑んでみました!その結果、なんと討伐することができました!!しかも初戦にてすでにもう討伐寸前までいくことができ、2飯目の初戦での討伐でした。本当にうれしかったです!フレさんには本当に感謝です!!!キメラ構成ではトータル1時間ほどでの討伐でした。実際にダークキング5を討伐するまでに費やした時間としては、11時間ほどでした。ずっと同じメンバーではなく、毎回何人かは入れ替わりのあったptでした。

ダークキング5を討伐するためのポイントを今回の記事で書いていこうと思います。まずはどの構成だとしても勝つために必要な秘訣としては以下のことかなと思います。

※黄色以降の行動パターンに適切に対処できるようにする!!

後程、黄色以降のパターンについては詳しく説明しますが、ダークキング5においては黄色以降をいかにうまく行動できるかが、討伐のカギになります。いくら黄色までに残り13分でいけたとしても、黄色以降に適切に動けないと、簡単に全滅してしまいます。慣れていない場合は、まずは黄色以降の動きに慣れる意味でも練習するといいかと思います。

・ダークキング4までの装備や動きについては下記の記事からどうぞ!
 



◆各職業の装備・宝珠・スキル・料理について

1、バトルマスター
①装備
・武器
覇王の大剣の攻撃力錬金。属性耐性があるため、無属性の武器となります。死亡時攻撃力上昇効果が残る基礎効果も非常に有用です。

・防具
トライバルセットとレギオンセットでした。絶対必須な耐性は毒耐性のみとなります。体上に闇耐性があればベストですが、なくてもなんとでもなります。腕は会心、足はみかわしが良いかと思います。毒耐性は高価ですが、高レベルの装備がない場合は、やはりダークキング5は非常にシビアなバトルとなるので、セット効果を生かすためにもゼルメアを頑張ってみましょう!

・アクセサリ
基本攻撃力重視のアクセにしますが、どうしても死ぬ場面が多いため、首はきんのロザリオ攻撃力錬金となります。その他装備は、闇耐性をつけるために氷闇の月飾りとなります。竜玉つけてもどのみちワンパンなので、竜巻で聖女はがれを防止するようにしていました。

②宝珠
各種バトマスの光宝珠、両手剣闇宝珠は必須です。またいつもの復讐系宝珠、ステータスアップ系宝珠、奇跡の会心攻撃も必須です。闇耐性宝珠も必ずつけておきましょう。

③スキル
これはちょっと聞きそびれてしまったので、わかり次第更新しておきます。おそらく天下無双が主体となるので、それを生かすような構成にしているはずです。

④料理
どうせワンパンになるので、スマッシュポテトを食べていました。ただ動画を見るとhpが足りなくて竜巻で即死していたので、闇耐性の数値とhpによってはバトルステーキでよいかと思います。

2、僧侶
※筆者は僧侶で参加していましたので、実際の詳細な装備をご紹介します。
①装備
・武器
ルネッサンスステッキ、呪文発動速度19%。遠くでクリスタルに遮られたりして死ぬことも多いのでザオラルの射程距離が延びるこのステッキがベストかと思います。

・防具
盾:ルフの盾☆3 氷と闇14%減、呪文ダメージ減1%。昔から使っている闇耐性の盾です。
頭:カテドラルミトル 毒120%、mp15
体上:カテドラルローブ 闇と土14%減、呪文ダメージ8% 急遽買った装備です。
体下:神託のローブ 回復魔力45
腕:カテドラルグローブ 呪文発動速度21% 速度理論値です。
足:カテドラルシューズ 移動速度6% 重さ16。ゼルメア産です。逃げたり近づく際の速度を重視して移動速度にしました。移動速度がない場合は、みかわしか素早さでよいかと思います。転びと踊りはやめましょう。

・アクセサリ
顔:死神のピアス 呪文回復量アップ理論値、伝承は1.5%ターン消費なし
首:金のロザリオ hp理論値 致死ダメージ伝承
指:魔導将軍のゆびわ 行動時早読み理論値 呪文威力アップ時間伝承
胸:アヌビスのアンクhp理論値。
腰:剛勇のベルトhp理論値 hp3伝承
札:不思議のカード hp、回復魔力、素早さ
その他:氷闇の月飾り hpきようさ理論値 闇ダメージ3伝承。これはhpと素早さがベストにはなるかと思います。
紋章:はじまりの紋章 hp理論値
証:僧侶の証 闇耐性とhpによっては竜巻耐えのためにガナンの紋章でもよいかと思います。

②宝珠(関わりのある宝珠のみ記載)
・炎宝珠
不屈の闘志、鉄壁の闇耐性、先見の眼、鋼鉄の肉体、武神の豪腕、いつくしむ心、韋駄天の足、神業の手、会心錬磨、鉄壁のはどうガード

・水宝珠
逆境の身かわしアップ、ザオラルの戦域、ベホマラーの戦域、忍耐のmp回復、ザオの戦域、始まりのチャージタイム短縮、始まりの移動速度アップ、ルカニの盾、ヘナトスの盾、不滅のテンション、不滅の回復呪文強化、復活のhp回復量アップ

・風宝珠
打たれ名人、ザオラルの瞬き、ベホマラーの瞬き、スカラ系呪文の瞬き、復讐の聖女の守り、復讐の聖なる祈り、復讐の早読みの杖、復讐のスカラ、復讐のテンションアップ、共鳴のテンションアップ、奇跡の会心攻撃

・光宝珠
聖者の詩の閃き、天使の守りの瞬き、やいばの防御の極意、ホーリーライトの極意

・闇宝珠
一応ヤリ宝珠は入れておきましたが、結局一度もヤリは使いませんでした。というか使う暇がなかったです・・・。ただ最後ごり押しするためにヤリ宝珠入れておくのはよいと思います。

③スキル
・スティック
160:スピリットゾーン範囲アップ  170:ホップスティック  180:回復魔力  190:mp
200:スピリットゾーン

・盾
160:ガード時ヘナトス  170:mp  180:アイギスの守り  190:守備力  
200:瀕死時身かわし

・しんこう心
160:ターン消費なし  170:身かわし  180:呪文回復量

筆者はベホマは基本使わないですし、ちからの盾も使う場面が今回はないためはずしてあります。

④料理
バランスパスタです。hpと闇耐性によっては、ダークタルトもよいのかもしれません。


※闇耐性や風耐性が100あれば、確かに難易度は下がるかと思いますが、そういうすごい装備がなくても全然勝てます!!現に筆者たちは一人もそういう装備はいません。

3、キメラ
※筆者が育てたキメラのため、装備などの詳細を記載します。
①装備
・武器
ルネッサンスステッキ、呪文発動速度19%。遠くでクリスタルに遮られたりして死ぬことも多いのでザオラルの射程距離が延びるこのステッキがベストかと思います。

・防具
頭:カテドラルミトル 毒120%、mp15
体上:カテドラルローブ 闇と土14%減、呪文ダメージ8% 急遽買った装備です。
体下:神託のローブ 回復魔力45 キメラに回復魔力はそこまで必要ないのでここで毒耐性100が理想です。筆者は持っていなかったため、これになっています。
腕:カテドラルグローブ 呪文発動速度21% 速度理論値です。
足:カテドラルシューズ すばやさ46

・アクセサリ
顔:機神の眼甲 死亡時聖女の守り理論値、伝承は5%ためる。復讐聖女がないため有効です。
首:金のロザリオ hp理論値 致死ダメージ伝承
指:魔導将軍のゆびわ 行動時早読み理論値 呪文威力アップ時間伝承
胸:アヌビスのアンクhp理論値。
腰:剛勇のベルトhp理論値 hp3伝承
札:不思議のカード hp、回復魔力、素早さ
その他:氷闇の月飾り hpきようさ理論値 闇ダメージ3伝承。これはhpと素早さがベストにはなるかと思います。
紋章:はじまりの紋章 hp理論値
証:絆のエンブレム改 50%枠:聖なる祈り、聖女のまもり、まもりのきり 伝承は弓聖

②スキルとステータス
転生11回、なつきど300にしています。
・スキル振り分け内容
キメラのはばたきⅡ:43  キメラのいやしⅡ:50  スティックスキル:2  キメラの祈り:32
素早さアップ:32

・関係するステータス
hp479、mp419、守備力418、回復魔力618、すばやさ919
すぐ動けるようにすばやさ重視の構成にしています。

③料理
さらに素早さをあげるために、クイックケーキでした。hpと闇耐性によっては、ダークタルト、バランスパスタも候補になるかと思います。



◆各職の動き方のポイントについて

◎黄色以降についての説明は次項で説明します!
・バトルマスター
1、基本的には捨て身して、天下無双することです!
バトマスは本当にシンプルとなります。無駄にテンションバーン、ミラクルブースト、テンションブーストなどは使わないようにして、基本的に捨て身した後は、天下無双です。ただ下がった時などにプラズマブレード、ミラクルブースト、テンションバーン、テンションブーストをやることもあります。テンションが上がった際は、全身全霊斬りは強いです。手数を出して、火力を出すことを意識しましょう!

2、やみのはどうは、できる限り避ける!
やみのはどうをよくくらっているようでは、かなり厳しいです。この構成ではどうぐ使いがいないので、プラズマリムーバーで治すことができません。攻撃力低下もそうですが、鈍足になることが非常にデメリットです。それにより取り残されてしまい、蘇生に向かう際にクリスタル地帯にいくことになったりして、大変危険になってしまいます。ぜひ避けられるように練習しましょう!以前書いたやみのはどうについての記事が以下になるので、参考にしてみてください。

3、壁をして、壁更新もしっかりとする!またその際、できる限りエンド離脱をする!(場合による)
特に僧侶タゲの際は攻撃の最大のチャンスでもあります。しっかりと壁と壁更新をして、エンドまでタゲを引っ張りましょう。またその際に、一人はエンド離脱できるとよいです。ただもう壁の位置的にも逃げ切れない場合は、相打ち覚悟で天下無双してもいいかと思います。または時間的に厳しく、聖女もかかっている場合は、攻撃し続ける場面も出てくるかと思います。

4、レーザーはできる限り避けましょう!
壁している時などレーザーを回避困難な状況はもちろんありますが、レーザーを食らいまくっていても厳しいです。ぜひともクリスタルの位置をある程度把握して、避けられるようにしましょう。レーザー回避のコツについては以下の記事からどうぞ!
ダークキング クリスタルのレーザー回避7つのコツについて!


5、せかいじゅの葉っぱ、せかいじゅのしずくは、大ピンチ時以外はむやみにつかわない!
けっこう見かけることが多いのですが、僧侶がちゃんと生きているのに、しずくとはっぱを多く使う火力職の方がいます。その方は、自分の役割をきちんと認識しましょう。時間制限があるバトルで火力は自分、という状況です。その火力職が攻撃しないと絶対に勝てません。回復蘇生は基本的に僧侶とキメラに任せて、大ピンチ時以外ははっぱとしずくを使う必要はありません!

6、クリスタルの召喚誘導をできる限りしましょう!
クリスタルは実は召喚する方向をある程度制御することが可能です。一番近い人に向かって基本的に召喚するようなので、ターン開始時に一番近い人が壁際(ダークキングの外側)にいることで、内側にクリスタルが召喚されることを防ぐことが可能となります。できない場面はもちろんありますが、ぜひ実践できるようにしましょう。

7、黄色以降の召喚後の後衛タゲは、基本的にはエンドまで引っ張りましょう!
黄色以降は召喚後は高確率でキングプレスです。それが後衛タゲだった場合は、ぜひともエンドまで引っ張りましょう。そうすることで攻撃する大きなチャンスとなります。エンドまで引っ張るとエンド行動にダークシャウトがくる場合が多いですが、これはもう食らっても仕方ないです。その分壁中に攻撃しまくれるので、結果的には攻撃回数は多いかと思います。

8、ダークテンペストはぜひ回避しましょう!
バトマスは基本前の方にいることが多いと思いますので、ダークテンペストは避けやすいと思います。僧侶は後ろにいたり見逃したり、クリスタルに邪魔されたりで、回避できない場面はでてきます。そこでバトマスも回避できないとすぐに全滅の可能性があります。ぜひ黄色以降のキングプレスはよく見ておき、回避できるようにしておきましょう。

9、黄色以降の召喚→キングプレス後のダークテンペストは確定ではないので、毎回すぐ近づくことは避けましょう!
ここが難しい場面ですが、召喚からのキングプレス後がダークテンペストじゃないときがあります。そのため少し様子をみる必要があります。ただテンペストのことももちろんあるため、近くにはいるようにしましょう。


2、僧侶
※基本的にはバトマスの回復を優先します。聖女はキメラがしてくれるためです!

1、聖女の守りよりも、基本的にベホマラーによる回復を優先しましょう!
理想的な展開としては、敵の行動を受ける→同時にベホマラーなどで回復→キメラが聖女をかけなおす、というパターンです。それにより聖女がなくなっても、次の行動前に元通り復帰することができます。バトマスが死ぬことがほぼなくなるので、火力維持にもつながります。これの優先順位を間違って、回復しない、遅すぎる場合は、戦線維持が困難となります。また練習してぜひとも敵の行動と同時くらいに回復できるように練習しましょう。

2、自身への聖女を欠かさないようにし、天使の守りも維持しましょう!
キメラが聖女をかけてくれると思いますが、自身への聖女切れにも注意しましょう。僧侶が死んでばかりだと厳しいです。また天使の守りもできる限り維持しておきましょう。女神の祝福はバトマスにかけてもいいですが、どうしても死ぬ場面が多くはなるので、僧侶自身にしてもいいかと思います。

3、タゲの場合は、エンドまでできる限り逃げ切りましょう!
この構成では真やいばも磁界シールドもないため、プレスは基本即死攻撃です。そのため追いつかれてのプレスで複数被弾すると、それが一度でもあるだけで全滅要因になりえます。逃げる途中で何か行動して追いつかれることはぜひとも避けましょう。もちろん壁更新ができないと逃げ切れませんので、それはバトマスさんにもお願いしましょう。

4、聖なる祈りも切らさないようにしましょう!
しずくでの全回復ももちろん必要になる場面はありますが、どうしても発動が遅いです。聖なる祈り維持からのベホマラーがやはり早いですし、懐にも優しいです。ぜひ祈りの維持にも気を配りましょう。

5、ファランクス、アイギスの守りも適宜使いましょう!
ファランクス、アイギスの守りにより、レーザーが即死ダメージはなくなるので、安定性が飛躍的に高まります。適宜使っておきましょう。ただバトマスの回復の方が優先ですので、優先順位は気を付けましょう。

6、レーザーはできる限り回避しましょう!
僧侶はバトマスよりも位置的にもレーザーは回避しやすいです。レーザーに多く当たって、死にまくっているようでは、まず勝てないです。クリスタルの位置を把握して、レーザーの当たる位置を予測し、回避できるようにしましょう。

7、キングプレスに当たらない距離感を身につけましょう!
キングプレスのタゲよりも少し離れていることで、避けることが可能です。そのためバトマスとは常時距離を離しておきましょう。これを僧侶もあたってしまうと、回復が遅れてしまいます。別の人のタゲのキングプレスをある程度回避できるとかなり余裕がでてきます。動画の立ち位置を参考にしてもらえたらと思います。

◎後衛の距離感については下記の記事からどうぞ!



8、黄色以降の召喚後の僧侶タゲはエンドまで逃げ切りましょう!その時、エンド行動がダークシャウトが多いので、避けられるようにしましょう!
黄色以降の召喚後の僧侶のタゲはエンドまで逃げ切るようにしましょう。召喚後はキングプレスのことが多いので、それを逃げ切らないで受けてしまうと、おそらくバトマスも巻き込むことになるので全滅要因となります。ぜひ逃げ切るようにしましょう。またその時にエンド行動がダークシャウトが多いので、必ず避けられるようにしましょう!

9、ダークシャウトはほぼ避けましょう!対策として天使の守りも維持しておきましょう!まもりの盾も余裕があるとしておくといいです!
ダークシャウトはかなり発動が早いため、近くにいるとまず回避できません。黄色以降は常にダークキングから離れておきましょう。ただテンペストかと思ったらダークシャウトのこともあり、食らってしまう場面は出てくると思います。その際に天使の守りがないと全滅してしまう可能性が高いので、黄色以降は天使をぜひ維持しておきましょう!またまもりの盾も余裕があればしておくといいです。

10、黄色以降のパターン行動を覚えておきましょう!
次項にて再度説明しますが、黄色以降はパターン行動があります。(例外も多いですが・・・)
・召喚→キングプレス→ダークテンペスト→紫雲の竜巻
これが基本的なパターンです。ただ召喚後にキングプレスをしてこないこともあり、またキングプレス後にダークシャウトをすることもあります。そのため、キングプレス後はテンペストだ!と思って、すぐに近づいてはだめです。一呼吸おいて敵の行動をよく見ましょう。テンペストだったら、Aペチするとすぐ近づけるので有効です。

※後程動画もありますが、僧侶視点のため僧侶やる方の参考になるかと思います。

3、キメラ
キメラは人ではないのでポイントはないといっちゃないのですが、特技設定と作戦は以下の通りです。

・使用する特技設定と作戦
<ザオラル、聖女の守り、天使の守り>  作戦は、いのちだいじに、です。
特技設定で上記の3つだけにしておきましょう。ベホマラーとか使わせてはだめです。

キメラはほんとに最速レベルで蘇生と聖女の守りをしてくれます!マジで速くてすごいですwただ欠点もあり、クリスタルに囲まれているとそこから動かなくなってしまい、取り残されてしまうこともあります。そこだけは注意が必要です。



◆ダークキング4からの違いについてと黄色以降の動き方のポイント

◎ダークキング4との違いについて
紫雲の竜巻が、760程度のダメージ
クリスタルからのレーザーが784程度のダメージ
キングプレスが1258程度のダメージ
・各種ステータスが上がっている。hp、攻撃力など(詳細は検証していないため不明ではあります)
・プレスの頻度が多くなっていると思われる(体感でも多い感じがします)
・黄色以降のテンペストのパターンが違う
ダークシャウトの発動が非常に早い(近くにいると回避不可能、ツッコミよけも間に合わない)

以上により、非常に難易度が上がっています。レーザーが即死レベルのダメージになったことでも非常に難しくなっています。またこの後説明しますが、黄色以降の難易度が劇的に上昇しています。

※ダークキング4までの行動については以下の記事からどうぞ!

1、黄色以降のテンペストの行動パターンについて
・召喚→キングプレス→ダークテンペスト→紫雲の竜巻
ダークキング5においては、上記がテンペストの行動パターンになっています。4までは召喚後は通常攻撃だったのが、即死攻撃のキングプレスになっているため、非常につらくなっています。またここがかなり難易度上昇の一因ですが、召喚後にキングプレス→テンペスト、のパターンは100%ではありません!!まだ断言はできませんが、召喚後に別の行動(ダークシャウトも含む)してからのキングプレスをはさんでテンペストに入ることがあります。またキングプレスしたのにテンペストを使わずにダークシャウトを使う、非常に鬼畜な行動を取ることがあります。一点ほぼ確実なことは、キングプレスしてからテンペストをする、ということです。テンペスト後の竜巻も確定です(竜巻タゲが死んでいた場合は、スキップされる)。

そのため召喚後にキングプレスがきた!、よし次はテンペストだー!って思って、みんなで近づいて、ダークシャウトされて行動不能からのキングプレス→テンペストで全滅することもありました・・・。ほんとによく考えられているなと思いました・・・。そのためダークシャウトは通常の位置取り的にバトマスとキメラはほぼ回避不可能なので、僧侶だけはダークシャウトはぜひ避けなければいけません。もしくは必ず一人はダークシャウトは避けないと全滅の危険が非常に高まります。テンペストに関してもですが、テンペストは一人食らってもすぐ蘇生すればよいです。シャウトは行動不能となるのが非常に厳しいです。

2、黄色以降の召喚後の行動のポイント!
召喚後は、まずはキングプレスを来ることを予期しておきます。前衛タゲの際はすぐにキングプレスを使われる時が多いため、テンペストを警戒しておきます。後衛タゲの際は、エンドまで引っ張るようにしましょう。この構成では真やいばも磁界もないし、どうぐ使いもいないため、壁をはずして僧侶がキングプレスをくらい、聖女で生き残っても、次にダークシャウトを使われるともう壊滅します。そのためエンドシャウトでバトマス被弾は覚悟のうえで、エンドまで引っ張るようにしましょう。その間にバトマスは攻撃しまくれることにもなります。

3、パターンは絶対ではないので、特に僧侶はテンペストだと思って近づいてシャウトを食らわないように注意する!
僧侶の項でも説明しましたが、テンペストだと思ったら、シャウトがくる場合もあるので、すぐに近づかないでAペチすることで回避できる距離くらいまでにしておきましょう。シャウトが僧侶が食らうとこの構成では非常につらいです。

※ダークキング5に勝つための最大のポイントは、黄色以降の動きにかかっています。ダークシャウトが非常に危険なので、それをいかに回避できるか、また食らった場合のリカバリーが大事となります。

◆キメラバトマス2僧侶構成の動画



・僧侶視点、キメラバトマス2僧侶構成です。
・討伐タイムは19分14秒です。
・使用アイテムは、概算ですが、せかいじゅのしずく6個くらい、葉っぱは5枚くらい、エルフの飲み薬3つくらい、せいれいの霊薬3こくらい、です。少なくてもしずくを数十個単位では使っていません。


◆まとめ

この構成は、かなり安定して残り12分くらいで黄色にもいけますし、アイテムもそんなに使わないのでお勧めできる構成です。ただだからといって誰でも勝てる簡単な難易度ではないので、難しいことに変わりはありません。他に討伐報告のあるバト2僧侶2、バト2僧侶デスマスターなどでも同じように戦えると思います。個人的にはザオ1どうぐ構成は、しずくぶっぱになりがちでもあるので、アイテム節約の面でもバト2構成はいいのではと思います。もちろんどうぐ構成でも上手い4人がそろえばアイテムは少なくなるとは思います。ダークキング5討伐の参考になれば幸いです。





ドラゴンクエストX ブログランキングへ
いつも応援のクリック、本当にありがとうございます。

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

↑このページのトップヘ